スポンサードリンク

便利屋開業と営業について

便利屋を開業してからどのように営業を行い、顧客を集めていけば良いのか分からないと嘆いている方はいらっしゃいます。

確かに、営業の方法はかなり重要だと説明できますし、いくら便利屋として行える仕事の幅が広かったとしても、依頼するお客さんがいなければ稼ぐことはできないのです。

営業の方法は決まっているわけではなく、個人に合ったやり方で行えば顧客の獲得は決して難しくはありませんし、リピーターになってくれるかもしれません。

まずは、自分が便利屋として色々な仕事をしているということを皆さんに伝えなければならないので、現在では自分のホームページを作るのが最善の手段だと言えます。

ホームページに「○○○のような仕事を代行する便利屋を営業しております」と記載し、載せた電話番号やメールアドレスに連絡があれば、その業務をこなしていくという感じです。

ホームページを作る能力がないのならば、誰かに依頼するのも選択肢の一つとなっており、少しでも多くの方に自分の存在を気付かせるのが便利屋の営業方法の一つとなっております。

自分が住んでいる街にチラシを配るという営業方法でも良いのですが、現実的に顧客に制限がありますし、その中に便利屋に依頼したいというお客さんがいないかもしれないので、インターネットを利用するのが一番だと言えるでしょう。

インターネットのホームページであれば、隣の県に住んでいる人が拝見し、自分の便利屋に仕事をしたいという方が現れる可能性があります。

車を持っていれば、隣の県に住むお客さんの依頼に応えることは十分にできるはずですし、客層やターゲットが広がればそれだけ便利屋の仕事に繋がる確率もアップするというわけです。

便利屋を開業したは良いものの、上手く営業ができず仕事に繋がらないという方は多いものの、資金がかからないのが大きなメリットかもしれません。

便利屋を始める際に必要な資金は少なく、住んでいるところがあれば事務所にできますし、車といった移動手段があれば他には何も必要ないのです。

自分でお店をを持つ必要性がないということで、仮に便利屋の開業に失敗したとしても、莫大な借金を背負うリスクは0%だと説明できます。

体力が物を言う仕事が意外と便利屋では多く、誰にでもこなせるような簡単な作業ではありませんが、自分なりに幾つか営業の方法を考え、独立して事業を行っていくという夢に向かって突き進んでみてください。