スポンサードリンク

便利屋を開業する方法について

開業と聞くと多くの方が「難しいのではないか?」「大変なのではないか?」と考えるかもしれませんが、便利屋の場合はその方法は非常に簡単です。

確かに、飲食店を開業するとなると、テナントを最初に決めなければなりませんし、どの客層をターゲットにするのか定め、食べ物や飲み物といったものを仕入れる必要があります。

開業の方法自体はそこまで難しくないものの、事業を始めるまでに長い期間を要する可能性が高いですし、初期費用がかかるというデメリットもあるのです。

その点、便利屋の場合は自分の部屋を事務所変わりにすれば良いだけですし、開業の方法も税務署に個人事業主の届出をするだけということで、今直ぐにでも始めることができます。

便利屋で行わなければならない仕事は決まっておりませんが、引越しで出る不用品の回収や掃除の依頼など、特に特殊な資格がなくてもできるのが最大の利点だと言えるでしょう。

言ってしまえば、「今日から私は便利屋の仕事を始めます」とお客さんに伝えれば、その日から事業の開始の合図ですし、特別なことをしなければならない決まりもないのです。

開業の方法自体は、税務署で個人事業主になるための書類を貰い(インターネットで取得することも可能です)、氏名や屋号など記載しなければならない情報を入力するだけとなっております。

早ければ今日からでも開業は十分にできますし、サラリーマンの方の週末起業や、主婦の方が空いた時間に開業することも可能で、これは幅広い仕事が便利屋で行えるからです。

「女性には便利屋は難しいのではないか?」という疑問を抱えている方がいらっしゃるものの、掃除の依頼であれば部屋を綺麗にするための道具さえあれば、女性の方でも仕事になります。

このように、開業の方法が簡単で初期費用が安く、今直ぐにでも始められるということで、便利屋として働くことを決めた方が徐々に増えているのかもしれません。

たとえ、人とは異なる特別な技術を持っていなかったとしても、「パソコン関係ならば自信がある」「体力には自信がある」というように、人それぞれ何かしらの特徴があります。

以前にPC関係に携わる仕事を行っていたのであれば、パソコンをメインとした仕事を入れれば良いですし、建設作業員としての経験をお持ちの方であれば、家具の移動や片付けといった仕事を便利屋で行っていけば良いのです。

「専門の業者に依頼するほどではないけれど、人の助けを借りたい」と嘆いている方はいらっしゃるので、そのようなお客さんのために便利屋が存在しているのではないでしょうか。