スポンサードリンク

便利屋開業に役立つ本について

このページでは、便利屋を開業しようと考えている方に役立つ本を幾つかご紹介しているので、Amazonといった通販サイトで購入して読んでみてください。曖昧な知識で開業しても良い結果は出ないですし、便利屋を始めたからには成功させたいという方が大半なはずなので、本を読んで勉強するのは大事です。

 

『ベンチャー便利屋』

『ベンチャー便利屋』は、自己破産を行い、所持金が23万円という状況の中、開業資金がかからない便利屋を始めて儲かった方のビジネスの手法を描いた本となっております。40代後半になり、特殊な資格やコネクションがないのにも関わらず、便利屋として成功させた人の自伝のような感じの本となっているので、読んでいて勉強になるはずです。「便利屋としてどのような仕事を行えば良いのか?」「どのように顧客を獲得していけば良いのか?」という多くの方が抱える疑問もしっかりと解決してくれております。成功と挫折を繰り返している中でも、一縷の兆しはあるということを分からせてくれる本なので、『ベンチャー便利屋』はもしかしたら開業する予定のないサラリーマンの方でも楽しく読むことができるかもしれません。

 

『女性だけの便利屋繁盛記』

『女性だけの便利屋繁盛記』は、その名の通り女性だけのスタッフを抱えた便利屋を開業した著者が綴った作品となっております。現在では男性だけではなく、主婦といった女性の方でも、「少しの収入を得るために人の役に立つ仕事がしたい」と考えるはずです。そんな便利屋の開業の夢を持っている女性の方は、『女性だけの便利屋繁盛記』を読んでノウハウを身に付けた方が良いでしょう。実際に、テレビやマスコミで話題となっている安倍真紀さんのエッセイで、どのような依頼が舞い込んできてどのような対応を行っているのか詳しく説明されております。引っ越しのお手伝いといった力仕事ではなく、心の悩みを引き受ける仕事ができるのも便利屋なので、男性よりも女性の方が適しているというケースは珍しくないのです。

 

『誰も教えてくれない「お掃除」商売の始め方・儲け方』

便利屋の仕事の一つがお掃除の依頼で、『誰も教えてくれない「お掃除」商売の始め方・儲け方』には、そのノウハウがぎっしりと詰まっております。この著者は開業直後から仕事が来るようになっており、現在ではハウスクリーニング開業支援を行っている協会の設立も同時にしているのです。便利屋の開業でなぜここまで名が知れるようになったのか、参考にできる本なのではないでしょうか。