スポンサードリンク

便利屋開業の評判について

便利屋開業の評判が良いのかどうか、気になるという方はいらっしゃるはずです。

「誰でも簡単に便利屋を開業することができます」と記載されているサイトが多く、「本当に稼ぐことができるのか?」と疑問を持つのは決して不思議ではありません。

まず評判が良いかどうかはおいておいて、便利屋を開業するに当たって大きな資金や特別な資格が必要ないのは事実となっております。

他のページでも説明致しましたが、テナントを持ってお客さんを待つという必要はありませんし、掃除の代行や引っ越しのお手伝いなど、資格を持っていなくても行える仕事が多いからこそ、「何か自分で事業をしてみたい」という方に評判なのです。

もちろん、引越しのお手伝いをしたり、現場へと向かうために車と車の免許くらいは持っておいた方が良いかもしれませんが、それ以外の資格は特に必要ないでしょう。

とは言え、便利屋は開業しやすいからといって、稼ぎやすいというわけではありませんし、自分の便利屋としての会社が人々に知れ渡らなければ、仕事の依頼が来ないということを頭に入れておく必要があります。

飲食店でお店を構えているのであれば、「このお店はちょっと美味しそうかも」と、全体的な人数は少なくてもお客さんが入る場合はあるはずです。

その点、便利屋の場合は店舗を持ってお客さんが入るのを待つのではなく、電話やメールといった媒体を用いて仕事が依頼されるというシステムなので、自分から売り出さなければ意味がありません。

その売り出す方法としては自分のホームページを作るのが一番ですが、有名な会社でなければ大勢の人に見てもらえないはずなので、いくら評判が良くても簡単に収益を得ることはできないのです。

それに、便利屋として仕事をこなしていくためのノウハウを知らなければ、リスクがないとしても失敗するのは目に見えているので、既に成功を収めた方のコンサルティングを受けるのは選択肢の一つだと説明できます。

また、便利屋と一口に言っても、様々な人が参入しており、中にはいい加減な作業しか行わない業者がおり、クレーム沙汰になることがあるのです。

そのような評判の悪い便利屋だと思わないためにも、開業して顧客を集める際に、チラシの作成には気を配った方が良いでしょう。

「携帯電話の番号しか記載されていない」「パソコンでプリントアウトしている」「印刷ではなくてコピーだと分かる」というチラシを作成していると、お客さんから「適当だな」と思われる原因となります。

親身になってお客さんと接していきたいのであれば、チラシの作成という地味な部分にも気を配り、便利屋として自分の名前を売り出す努力を行ってください。