スポンサードリンク

便利屋開業に必要な資金について

カフェや塾など、個人的にお店を持ちたいと考えている場合、店舗の規模によって多少は異なるものの、建築費やテナント料を合わせると300万円から500万円程度の資金が必要となります。

莫大な資金が必要ということでカフェといった飲食店の開業を諦めたという方でも、便利屋の開業であれば少ない資金で始められるというメリットがあるのです。

自分で店舗を持って何かしらの事業を始めるという場合、立地条件が今後の売り上げを大きく左右するため、なるべく駅近といった土地に拘る必要があるのですが、人通りが良ければ良いほど初期費用は高くなります。

中古物件を買い取ってリフォームを行うという場合でも、数百万円程度の資金は必要ですし、今直ぐに始めるというのは難しいかもしれません。

その点、便利屋の開業はお店を構えてお客さんを呼び込む必要はなく、元々住んでいる家を事務所にしてしまえば良いだけの話ですし、新たにテナント料を支払わなくても済むので、少ない資金で仕事を始められるというわけです。

家の中のリフォーム関係や花見をするための場所取りなど、便利屋で行われている仕事には様々な種類があるものの、他の事業よりも比較的少ない資金で始められるのは間違いないと説明できます。

初期費用があまりにも高すぎて、飲食店の開業を諦めてしまったという方でも、「人の役に立つような仕事がしたい」という強い気持ちがあるのならば、便利屋を開業するのは一つの選択肢なのではないでしょうか。

少ない資金で始められるということは誰でも気軽に取り組めるということを指しますし、仮に事業に失敗したとしても多大な借金というリスクを背負わずに済みます。

もちろん、事業を始める前から失敗のことを考えるのは良くありませんが、この不況の時代で前向きな気持ちだけで進んでいくのはどうかと思うので、少しでもリスクを抑えるような対策を練ることは大事なのです。

「便利屋開業にかかる具体的な資金について教えて」という方がいらっしゃいますが、どのような事業を行っていくかによって異なるので一概には説明できません。

それでも、個人事業主になるために莫大な資金がかかるわけではありませんし、新たにテナントを持たず自宅を事務所代わりにすれば費用を削減できます。

更に、食品関係の仕事のように、在庫を持って保管しなければならないということは便利屋の開業にはないので、ほとんどお金がかからないということがお分かり頂けるはずです。

少ない資金で始められるとともに、人の助けになれる素晴らしい仕事が便利屋なので、人に飼われるのではなく自分で事業を切り開いていきたいという方は、是非便利屋にチャレンジしてみてください。