スポンサードリンク

便利屋開業で得られる収入について

便利屋開業を考えている方の中で、どのくらいの収入が得られるのか気になるところです。

いくら簡単に開業して事業を始めることができたとしても、1ヶ月で10,000円程度しか稼げないのであれば、副業程度にしかできないですし、便利屋だけで生計を立てていくのは難しいと説明できます。

既に便利屋さんを開業している方の収入の平均といったデータは出ていないので、どの程度稼げるのか一概には説明できないものの、1年間で600万円程度の収入を得ている方もいらっしゃるのです。

基本的に並び屋や引っ越しの手伝いであれば、専門的な資格がなくても行えますし、顧客からの依頼が増えれば増えるほど稼げる仕組みなっております。

もちろん、最初の頃はお客さんから依頼が殺到するというケースは絶対にないですし、1ヶ月に1件程度しかこなせないこともありますが、だんだんと依頼が増えてくればそれなりの収益を得られるというわけです。

しかも、便利屋を開業するに当たってかかる資金は、ほぼないと言っても過言ではないので、1件目のお客様から得られた収入の全てが利益になります。

飲食店のように、店舗を構えたは良いものの、お客さんが入らなくて潰れてしまい、借金だけが残ったという最悪の事態を防げるのが便利屋開業の良いところかもしれません。

個人によってこなせる業務には違いが生じておりますし、「この依頼は受けられない」という場合は断らなければならないので、まずは副業程度の感じで便利屋を始めるのがベストです。

特に、脱サラして便利屋を開業しようと考えている場合、一時の感情で仕事を辞め便利屋を始めたは良いものの、想像以上に稼げなくて貯蓄がどんどん減っていくというケースは十分に考えられます。

普通に仕事をして一定の収入を得ながら、便利屋を開業して副収入を得ていくという方法も十分に可能というところも、利点の一つだと説明できるのではないでしょうか。

以上のように、「便利屋を開業して仕事を行えば○○○万円程度の収入が得られる」と決まっているわけではありませんが、開業資金がかからないので、最初の収入のほとんどが利益になるというのは紛れもない事実です。

ゴミ屋敷の掃除を行ったり、庭の草刈りを行ったりと普通の人が嫌がるような仕事もしっかりと承っていれば、少しずつ毎月の収入を増やしていくことができるかもしれません。

もし、本気で便利屋を開業して生計を立てていきたいのであれば、一度便利屋に自分で何か依頼を行い、どのような作業をしているのか尋ねてみるのも選択肢の一つです。