スポンサードリンク

便利屋開業に必要な手続きについて

便利屋を開業したいという方の中には、どのような手続きが必要なのか疑問を抱えているかもしれません。

しかし、便利屋を始める際に必要な手続きは基本的にありませんし、掃除の依頼や不用品の回収といった仕事であれば、掃除用品や車さえあれば簡単に始めることができます。

探偵や介護タクシーといった特殊な仕事の場合は、専門的な資格を持たなければできないものの、他の仕事であれば基本的には個人事業主の開業手続きだけで良いのです。

しかも、個人事業主の開業に必要な手続きもとても簡単で、あらかじめ用意された用紙を税務署に届けるだけとなっております。

インターネットで検索をすると、「個人事業の開業・廃業等届出書」をダウンロードできるため、必要な事項を記入して税務署に届けるだけで、今日からあなたも個人事業主というわけです。

記入する項目の中で悩むポイントがあるとすれば、店の名前を指している屋号で、これから自分が行っていく事業の看板のような重要なものなので、便利屋を開業する場合も慎重に決めた方が良いでしょう。

もし、事業が上手くいって従業員を増やし、個人事業主から法人になる際に、会社名としてそのまま引き継ぐことも可能となっているため、愛着の持てる屋号を考えるのがベストです。

このように、便利屋を開業するに当たって必要な手続きはほとんどないということで、どの事業と比べても簡単に始めやすいというのが大きなメリットとなっております。

それに加え、意外と仕事が簡単に取れやすく、大きな金額を稼ぐことも決して夢ではないので、セキュリティのセコムといった大手の企業も便利屋に参入してきているのです。

もちろん、「今日から私は便利屋です」と名乗ったとしても、仕事が依頼されなければ稼ぐことはできないので、お店を宣伝する媒体は作らなければなりません。

簡単な方法であればブログやFacebookが挙げられ、自分の便利屋としての事業をくまなく説明しているホームページなども同時に用意すれば信用もしっかりと獲得できるため、仕事が舞い込んでくる確率も大幅にアップします。

その他にも、見積もりに行ったり必要な道具類を運ぶために欠かせない車や、お客様からの依頼を受けるための電話、領収書や名刺といったものもあれば尚良しです。

以上のようなものが揃っていれば、今日からでも便利屋を開業することが可能で、カフェといった飲食店の開業と比べて必要な手続きが少ないからこそ、誰でも気軽に参入しやすいのではないでしょうか。

インターネットのサイトでは、どのように便利屋の開業を行っていけば良いのか、無料のメルマガを配信しているサービスも存在するので、興味がある方は一度登録してみてください。