スポンサードリンク

家を美容室にできるの?

美容室を開業するに当たり、家を店舗にできるのかどうか疑問を抱えている方は多いはずです。

他のページでも説明致しましたが、美容室の開業費用を削減する手段の一つが家を店舗にすることで、テナントを借りずに済むので当然かもしれません。

持ち家ならば毎月の家賃やテナント料を支払わずに済むため、開業資金を大きく削減できるというわけです。

小さな美容室を開業して経営していきたいのならば、駅前の立地の良い場所に建てるのではなく、自宅の方が圧倒的に適しております。

美容室を開業するに当たり、以下のような資金が必要です。

 

・敷金や仲介手数料を含むテナント料

・内装工事費や外装工事費

・椅子やシャンプー台など美容設備費

・エアコンや電話などその他の設備費

・カラー材やシャンプー材などの材料費

・お店を知ってもらうための広告宣伝費

・アルバイトを雇う場合は人件費

 

これらの費用の中でも、テナント料や内装工事費、外装工事費が大きな割合を占めます。

原宿や表参道といった人気の場所に美容室を建てて経営したいという気持ちは大いに分かるものの、駅前ならば莫大なコストがかかるのです。

それに、個人経営の美容室が人気店やチェーン店に対抗するのは難しく、原宿や表参道にお店を出しても顧客獲得競争に負けてしまうのではないでしょうか。

開業にチャレンジしてみたは良いものの、失敗して借金だけが残ってしまったという最悪の事態も考えられるので、リスクを減らすために家を美容室の店舗代わりとして使用するのは選択肢の一つとなっております。

「建設費が圧倒的に安くなる」「職場と自宅が近くなるので通勤時間や通勤費用がゼロになる」「近所の人をお客さんにしやすい」といったメリットが自宅兼美容室にはあるのです。

場合によっては内装工事費や外装工事費が必要かもしれませんが、毎月の高いテナント料を支払わずに済むだけでも経営は楽になります。

ただし、今までの家を美容室の店舗にする場合、以下のようなデメリットがあるので注意しなければなりません。

 

・住宅と美容室の両方の条件を満たすのは意外と難しい

・何かしらの理由で美容室をやめた後の店舗利用が難しい

・職場環境と自宅が近いことで逆にストレスが溜まりやすい

・ビジネスが上手くいかない際にメリットの意味をなさない

 

上記のように、メリットばかりではないので、「テナントを借りた方が良いのか?」「家を美容室代わりにした方が良いのか?」といったことを一度ゆっくりと考えてみてください。