スポンサードリンク

自宅で美容室を開業しよう

美容室は自宅で開設することができます。

自宅の使用していない一室を利用して、美容室を建築することが可能ですので、自宅で美容室を開設することも考えてみてください。

しかし、自宅で開設するという場合は、幾つか条件があります。

1つ目は、現在住んでいるところと、美容室を建てるところを合わせて、現在の容積率内に納めることです。

2つ目は、美容室の大きさを最大で50m2以内として、美容室の店舗は住居の半分を超えていないことが条件です。

もし、自宅で美容室を建設するに当たって不安があるという方は、専門の設計士に相談してみましょう。

 

自宅で美容室を開業する際のメリット

自宅で美容室を開業する一番のメリットは、コストを抑えられる点です。

自宅で美容室を経営していくのであれば、高いテナント料を支払う必要がないので、初期費用と運転費用を最小限に抑えられます。

さらに、家族で経営をしていくのであれば人件費はかからないので、さらに費用を削減できるでしょう。

美容室を開設してお客さんが入らず、仕方なく廃業しなければならない美容室はありますが、自宅で経営をすればそのような心配をする必要がないのです。

また、自宅で開業するという場合は、家の仕事と両立することが可能であると言えます。

例えば、夫婦で美容室を経営していく場合、お店が暇であればどちらかが家事をすることが可能なのです。

これは、自宅に店舗がある利点であると言えるでしょう。

 

自宅で美容室を開業する際のデメリット

自宅で美容室を開業する際のデメリットは、家の設計が美容室向けになっていない点が挙げられます。

美容室に合わせてガス管や水道管の位置を変えなければならないのです。

仮に家を建てる前から美容室の経営を考えていたとしても、細かい設計をお願いするとなると、予算の1、5倍は必要であると考えてもらって構いません。

また、美容室は立地条件が非常に大事であると言えます。

そのため、住宅街に家を建設している場合は、お客さんの入りが悪くなる可能性があるのです。

自宅で美容室を経営していこうと考えている方は、このようなデメリットがあることを頭に入れておかなければなりません。