スポンサードリンク

美容室の建築条件について

美容室を開業するに当たり、建築条件が何なのかきちんと把握しておかなければなりません。

建築条件を満たしていなければ営業できませんし、物品を用意する前に確認しておく必要があります。

特に拘りを持っていないのならば、一般的な建売住宅を借りて美容室の一室にすることが可能です。

美容室の開業と言っても建築条件がそこまで厳しいわけではなく、下記のような設備が整っていればお客様に対して髪の毛をカットしたりパーマを施したりというサービスを提供できるでしょう。

 

・椅子

・大きな鏡

・シャンプー台

・エアコン

・電話

・テーブル

・カラー剤

・シャンプー剤

・パーマ剤

・ドライヤー

 

美容室開業に当たって意外と大きな器具は必要なく、内装工事費やテナント料が最も大きな出費となります。

少しでも開業資金を抑えたいのならば居抜きの美容室物件がベストですが、ピッタリの物件を見つけるのは少々難しいかもしれません。

「美容室を運営する地域を決める」⇒「ちょうどその地域に以前まで美容室だったテナントが空く」⇒「自分が探しているタイミングで空き部屋となる」⇒「そのまま居抜きとして利用する」と流れるように話が進むことはないはずです。

建築条件に関して考える必要はなく、内装をリニューアルするだけで直ぐに開業できるのがメリットですが、そんな美味しい話はないと心得ておいた方が良いでしょう。

居抜きとして利用できないのならば、別の目的で使っていた建物をコンバージョン(用途変更)して美容室にするのが適しており、物件選びの選択肢は大幅に広がります。

ただし、空いているテナントによっては建築条件が合わず、コンバージョン(用途変更)できない可能性があるので、建築士さんへと相談してみるべきです。

このように聞くと、美容室の開業はハードルが高いと感じるかもしれません。

しかし、カフェやバーといった飲食店と比べれば初期コストは圧倒的に抑えられますし、物件選びだけ慎重に行えば成功しやすくなっています。

商業地域でも工業地域でも美容室を開業できますし、行政への届出もそこまで多くないので自分のお店を持ちたいと考えているスタイリストさんにおすすめです。

「一生今の職場で働き続けるのではなく、いつかは自分のお店を持ってお客さんへのカットも経営業務も両方行いたい」と考えている方は多いのではないでしょうか。

両立させるのは難しいかもしれませんが、自分の夢を叶えるために資金を貯め、チェーン店にも負けない美容室を経営してみてください。