スポンサードリンク

美容室を開業するために必要な資格について

美容室を開業するに当たり、特に必要な資格は必要ありません。

しかし、経営者が美容師の資格を持っていないという場合は、美容師免許を持った従業員を雇わなければなりません。

美容師の資格は、厚生労働大臣が指定している美容師養成施設で定められた習得した後、実技試験と学科試験に合格すれば取得することができます。

また、常に2人以上の美容師が在籍している美容室を開業するのであれば、管理美容師という資格が必要です。

この資格は、美容室を衛生的に管理するために置かなければならず、3年間以上美容師の業務に携わっており、尚且つ特定の講習会を修了した者でなければ取得できません。

この講習会は各都道府県で実施されているので、日程などは各自調べてみてください。

もし、美容室を開設する経営者が管理美容師の資格を持っている場合は、経営者自身が管理美容師になることができます。

ただし、自ら管理している美容室に限ります。

つまり、2件目の美容室を他の場所に開業したとすれば、その美容室には別の管理美容師を置かなければならないのです。

 

<美容師に必要な条件>

美容師は、ヘアスタイリストやヘアデザイナーと呼ばれることがあります。

つまり、髪の毛に対しての資格がある方のことを指します。

しかし、髪の毛に対する知識があれば良いというわけではありません。

来店されたお客様を満足させることが美容師の仕事でもあります。

ただ、髪の毛を切るのが上手い美容師が集まっているだけでは人気は出ないでしょう。

女性に対しては肌に対する知識、男性に対しては髪の毛のお手入れ方法など様々なことについて知っている美容師が集まった美容室が人気の秘訣です。

また、お客様を退屈させないようにするために話術も必要であると言えます。

感じの悪い美容師に髪の毛を切ってもらっても、お客様は決して満足しないでしょう。

そのため、「どうしたらお客様は喜んでくれるのか?」「どのようなサービスをお客様に提供すれば良いのか?」といったことを美容師は考える必要があるのです。