スポンサードリンク

美容室を開業するための手順と流れについて

ここでは、美容室を開業するための手順と流れについて説明していきます。

どのようにして美容室を開業すれば良いか、しっかりと把握しましょう。

 

<@開業予定日を決めよう>

まずは、開業する予定日を決めましょう。

予定日を決めて、その日に合わせたプランを練ることが必要です。美容室開業の手続き・準備で説明致しましたが、開業予定日の1週間前までに保健所へ書類を提出しなければならないので、注意してください。

 

<Aどのような形態でにするか決めよう>

どのような形態で美容室を開業するのか決めましょう。

株式会社や合同会社として開業することもできますが、最初は簡単に手続きができて費用も安い個人事業主として開業することをおすすめします。

 

<B店舗名と立地を決めよう>

美容室の名前は非常に大事です。

今後、経営していく美容室の顔となるわけですから、慎重に決めてください。

また、美容室の立地も重要です。

「どこに建てるのか?」「最寄り駅からどのくらいかかるのか?」ということを考慮しなければなりません。

その際に、近くの競合店についての調査も行いましょう。

 

<Cターゲット年齢層を決めよう>

ターゲット年齢層を決めることで、お店のコンセプトが決まるでしょう。

どの年齢層に照準を合わせて美容室を経営していくのか考えなければなりません。

ターゲット年齢層を決め、その年齢層に合わせた内装作りが必要です。

 

<D店舗に合わせて内装を決めよう>

店舗の面積に合わせてどのような内装にするか決めましょう。

「シャンプーの台数はどうするのか?」「イスを何台用意するのか?」「待ち合い席はどうするのか?」といった内装をしっかりと決めましょう。

 

<Eスタッフを募集しよう>

共に働くスタッフを募集しましょう。

これから一緒に仕事をしていくわけですから、気の合った仲間を見つける必要があります。

知り合いで、一緒に働けそうな方がいれば、声を掛けてみると良いでしょう。

 

<F開設の手続きをしよう>

必要な書類を提出すれば、美容室の開業は完了です。

オープンの日に向けて、準備を怠らないようにしましょう。