スポンサードリンク

カフェ開業とコーヒーメーカーについて

どのようなカフェを開業するのか個人によって異なるものの、コーヒーは絶対に用意しなければならない飲み物となっております。

コーヒーを飲めないようなカフェには誰も足を運ばないので、美味しいコーヒーをお客さんに提供するためにはコーヒーメーカーが必要です。

自動的にコーヒーを抽出するための器具のことをコーヒーメーカーと呼び、自宅で小さな家電製品を使って淹れている方は多いかもしれません。

カフェで市販の缶コーヒーやインスタントコーヒーをお客様に提供するわけにはいかず、コーヒーの味でその店が繁盛するかどうか決まります。

内装や接客の態度、料金設定は二の次と言っても過言ではなく、どのコーヒーメーカーを購入するのか考えるのはカフェの開業において重要な要素を秘めているのです。

使用するコーヒーメーカーは、ドリップコーヒーを淹れるのかエスプレッソコーヒーを淹れるのかによって大きく異なります。

コーヒーの出し方によってマシンには向き不向きがあるため、カフェでお客さんに提供したいメニューに合わせて決めるのが一番です。

例えば、均一な味域のコーヒーを淹れられる「ドリップ式コーヒーマシン」、ボタン一つでラテやカプチーノを抽出できる「エスプレッソコーヒーマシン」、質の高いコーヒーを抽出できる「セミオートエスプレッソマシン」、などが挙げられます。

一口にドリップ式コーヒーマシンと言っても、「手注水タイプ」「水道直結給水タイプ」「蒸らし時間やインターバル時間を設定できるタイプ」など種類が多いので、コーヒーメーカーの購入は慎重に考えなければならないのです。

その購入したコーヒーメーカーの業者から豆を仕入れたり、焙煎店などのコーヒー豆専門店を利用しても良いのではないでしょうか。

どちらにしても、缶コーヒーをコップに移し変えて提供しているようでは絶対に固定客は付かないので、カフェの開業のためにはコーヒーメーカーが欠かせない存在というわけです。

「コーヒーの質に拘る」というコンセプトでカフェを経営しようと考えているのならば、レベルの高いコーヒーを仕入れる必要があります。

実際に、あなたの思いを業者に伝え、何度も試飲や話し合いを行って妥協しないことが大事なのです。

また、コーヒーメーカーは「ラッキーコーヒーマシンストア」といった業者を利用し、レンタルするのも選択肢の一つかもしれません。

お店のコンセプトに対する考え方が途中で変わる可能性はあるので、幾つかのマシンを実際にレンタルして試してみてください。