スポンサードリンク

自宅でカフェを開業できるの?

カフェを開業するに当たり、必ずしも駅前のテナントを借りなければならないわけではなく、自宅で経営することも十分に可能です。

自宅の1階の一室を使って開業し、夫婦でカフェを経営しているケースは意外と多くなっております。

そこで、このページでは、自宅でカフェを開業するメリットについて記載しているので、これからカフェの経営を考えている方は選択肢の一つとして自宅の一室を使うことも考慮してみてください。

 

<開業資金を安く済ませられる>

自宅でカフェを開業する最大のメリットは、開業資金を安く済ませられることなのではないでしょうか。

お店を運営していく上で、営業しなくてもかかる固定費の一つがテナント料で、駅前といった立地の良い場所を借りればかなりのコストがかかります。

場所によっては1ヶ月当たり100万円程度かかることもあり、個人でカフェの経営を考えている方にとって大きな負担になりやすいのです。

その点、自宅で開業すれば保証金や家賃といった負担がなくなりますし、ランニングコストを大きく抑えることができます。

1年間で数百万円のコストを削減して開業できるからこそ、「自宅の一室をカフェにしよう」と考える方が多いのです。

 

<子供の成長を見ながら働ける>

小さなお子さんがいる場合、自宅でカフェを開業しておけば、子供の成長を見ながら働くことができます。

中には、子供が学校に行っている間だけ営業している方もいらっしゃるものの、それでは大きく収益を上げることはできません。

営業時間が長ければ長いほど、それだけ多くの利益を見込めると考えるのが普通なので、小さなお子さんがいる家庭こそ自宅でカフェを開業した方が良いのです。

子供が熱を出したり病気にかかったりした際にも、体調を確認しながら自宅のカフェで働けるのは大きなメリットなのではないでしょうか。

 

 

上記のようなメリットが自宅でのカフェ開業にはありますが、人通りが少ない場所に家があると集客を見込めないというデメリットがあります。

当然のように、住宅街よりも駅前の方が人通りが良いですし、コストを抑えられても利益を出さなければ経営を続けていくことはできないのです。

また、カフェを開業するに当たってお店のスペースと住居スペースを分けなければならず、壁や板などを使って区切る必要があります。

その改装工事のためにある程度の費用はかかりますし、飲食店の開業に高い費用がかかるという点では一緒です。

以上のように、自宅でのカフェ開業にはメリットとデメリットの両方があるので、双方を考慮して決めるようにしてください。