スポンサードリンク

カフェ開業の順序について

これからカフェを開業しようと考えているならば、お店がオープンするまでの順序や流れを把握しておかなければなりません。

カフェを中心とする飲食店の開業には莫大な資金がかかり、当然のように失敗するリスクも考えておくべきです。

もちろん、失敗することを前提にカフェを開業しようと考えている人はいないはずなので、少しでも成功する確率を上げるために大まかな順序や流れを把握しなければならないのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

そこで、大まかな流れを以下では説明しているので、自分に当てはめて考えてみてください。

 

@自分が作りたいカフェやお店のイメージを具体的にイメージする

Aカフェのコンセプトや希望のスタイルをノートに書き出す

Bお店を建てる場所を決めて、近くに競合店がないかどうか市場調査を行う

C経営計画を立ててどのくらいの資金が必要なのか計算する

Dカフェの主役とも言えるメニューを決める(コーヒーはもちろんのこと、お酒を出すのか?食事を提供するのか?といった点も考えておく)

E納得のいく店舗やテナントを探して外装や内装を考える

F店舗が完成したら必要な申請を行って手続きを済ませる

Gスタッフを募集するならばオープンまでに接客マナーなどの研修や教育を行う

H万全の体制が整ったら夢を叶えるための第一歩を踏み出そう

 

上記がカフェを開業するまでの大まかな順序となっており、何よりもまずはお店のコンセプトを考えることから始めなければなりません。

自分が想像しているようなカフェを作るまでには時間がかかりますし、途中で様々な壁にぶつかる可能性があります。

「内装費用が非常に高い」「希望のキッチン器具を設置できない」など様々なトラブルが考えられますが、その都度調整しながら理想のお店を作れるような努力を行うべきです。

もちろん、理想を追求しすぎると利益を出せず、潰れてしまうかもしれないので、現実的かどうか客観的に判断することも大事だと思います。

また、カフェを開業する上で足枷になりやすいのが資金で、場合によっては1,000万円以上がかかるでしょう。

これだけの費用を自己資金でまかなうのは少々難しいので、金融機関による融資や助成金の利用も考慮しておくべきです。

以上のように、夢を追っているだけではカフェを開業するのは難しく、念入りなプランや調査が必要だとお分かり頂けるかもしれません。

自分の夢を叶えるためにはそれなりの努力をしなければならないので、失敗しないためにもきちんと順序や流れを確認しておいてください。