スポンサードリンク

カフェ開業のリスクについて

これはカフェに限った話ではありませんが、飲食店を開業しようと考えているのならば、どのようなリスクがあるのか事前に心得ておかなければなりません。

カフェの開業は特に莫大な資金がかかりやすく、リスクヘッジを考えておかなければ失敗した時のダメージが大きくなります。

「失敗したから次のことにチャレンジしよう」と簡単に考えられるほど安い費用では済まされないので、リスクを心得ておくのは大事だとお分かり頂けるはずです。

カフェを開業するに当たって最も大きなリスクが資金で、「立地の良い駅前にテナントを借りる」となれば1,000万円を超えるケースもあります。

しかも、開業資金だけではなくお店を運営していくためのランニングコストもかかるため、開業したは良いもののお客さんが全く入らずに利益を出せなければ直ぐに閉店へと追い込まれてしまうのです。

賃貸費用の目安は100万円〜500万円ですし、内装工事や設備費用も高額になります。

飲み物や食べ物をお客さんに提供するためには、厨房機器やシンク、エスプレッソマシンや冷蔵庫、家具やインテリアなどを揃えなければなりません。

何も無い場所から始めるのならば1,000万円を軽く超えることもあるため、「カフェの開業はリスクが大きい」と言われているのではないでしょうか。

そこで、そのリスクを少しでも回避するためにも、「田舎の賃貸が安いところにお店を出す」「社内に施設を設けた移動式カフェを経営する」「自宅でカフェを開業する」という選択肢があります。

このような方法ならば初期費用を圧倒的に抑えられるため、リスクを回避できることはお分かり頂けるはずです。

しかし、田舎や住宅街ではお客さんを集めるのは難しく、人通りの少ない場所ならば直ぐに閑古鳥が鳴くこともあります。

「利益を上げたいならば立地の良い場所を選ぶ」「リスクを抑えたいならば家賃やテナントが安いところを選ぶ」と相反しているため、ここがカフェ開業の最も難しいポイントなのです。

また、開業後は負担(利子返済)を軽減させるためにも、自己資金を多めに用意しておいた方が良いでしょう。

1,000万円を超える費用を金融機関からの融資に頼らずに自己資金でまかなうのは困難です。

仮に融資に頼るとしてもリスクを最小限に抑えるべきなので、できれば全体の6割から7割程度は自己資金を用意した方が良いと思います。

どの程度の費用がカフェの開業にかかるのか、自分が描いているお店によって大きく異なるので、事業計画書を作成する段階で具現化しておいてください。