スポンサードリンク

カフェ開業のスケジュール

カフェ開業のスケジュールはどのように作っていけばよいのでしょうか。

まずは、自分がどのような

どのようなコンセプトでどういった客層をターゲットにするのかが決まったら、最初に取りかからなくてはいけないのは、物件の確保です。

事前に決めておいたコンセプトに合った物件を選び、契約をすすめてきましょう。

物件が決まったら、内装工事をしてもらう業者を選んだり、食材等の仕入れ先を選んでいきます。

これら取引先できるだけ慎重に決めた方がいいので、開業の2,3ヵ月前には取りかかっているとよいでしょう。

次に、営業許可申請を行い、許可が下りればカフェを開業することができます。

もちろん、メニューを決めたり、従業員が必要な場合は採用活動も事前にしておかなければなりません。

また、開業した直後は店舗の立地がよっぽど良い場合を除いて集客に困ることが多いので、開業する前からチラシを配る等の販売促進・広告宣伝もしなくてはいけませんね。

上記のような工程が必要になるということがわかったら、予定している開業日から逆算してどれくらい前から準備をすすめればよいのか予測を立て、綿密なタイムスケジュールを作成しましょう。

あなたのカフェを開業するのに必要な項目を髪に書き出して、スケジュール表に項目を記入していけばいいわけです。

開業に必要な項目というのは人によって当然異なるのですが、とあるカフェのオーナーさんは

コンセプト計画→(投資計画)→(資金計画)→設計者・施工会社選び→不動産選び →(融資先選択)→メニュー決定→各備品調達→保健所への営業許可申請

上記はカフェを開業するにあたり最低限必要な項目・順番だと語っています。

あなたの場合に当てはめて参考にしてみてください。

行き当たりばったりで開業の準備を実行していくと、必ずオープンが延びますので注意してください。