スポンサードリンク

カフェ開業で失敗しないために

「自己実現」「理想のスタイル」を掲げてカフェを開業している方でも、失敗するリスクがあると心得ておかなければなりません。

カフェに限らず他の事業の開業でも同じことが言えるものの、失敗しないためにどのような点に注意しておかなければならないか理解しておく必要があります。

特に、カフェといった飲食店の開業では高額な資金を費やすことが多く、失敗した時のダメージは他の事業と比較して非常に大きいのです。

スターバックスやドトールといった大手のカフェに対抗するような個人経営のお店を持ちたいのならば、尚更失敗しないために努力を重ねる必要があります。

そこで、以下ではカフェ開業で失敗したくないという人に向けてアドバイスしているので、是非一度参考にしてみてください。

 

<目的や目標をきちんと掲げる>

目的や目標、夢を持たずにカフェを開業すると、かなりの確率で失敗します。

確かに、「特殊なスキルは要らない」「オシャレでのんびりと経営できる」ということで、カフェの開業は人気を得ているのかもしれません。

しかし、何となくお店を持って何となく経営するという状態では、自分のカフェのあり方が明確にならず、顧客の獲得も難しいはずです。

同じようなメニューや同じような形態のカフェを出しても、大手に負けるのは目に見えているので、「本格的な料理を出したい」「最高に寛げる空間をお客様に提供したい」など、目標を事業計画書を作成する段階で決めましょう。

 

<一面だけで物を見ないようにする>

開業して成功する人の特徴としては、「ずるがしこい」「物事を色々な角度から見る」「視野が広い」という点が挙げられます。

固定概念に捉われず、自分の持っているアイデアを最大限に活かせるような人がカフェの開業でも失敗しにくいのです。

人から言われたことをただ鵜呑みにしていたり、成功する人の真似だけをしてみたりという状態では、自分のお店を持っても失敗する確率が高いので注意しなければなりません。

もちろん、経営に関しては失敗を積み重ねて成功へと近づくことができると言われておりますが、失敗を前提に考えていても意味がないので、顧客の目線に立ってビジネスをスタートさせる必要があります。

 

<コストを最小化した形での開業を考える>

カフェの開業では高額な費用を費やさなければならないので難しいかもしれませんが、コストを最小化した形で実現を考えるのは失敗した時のダメージを小さくする手段の一つです。

「あれも欲しい」「これも取り入れたい」と自分の夢だけを追っていると、カフェの開業だけで1,000万円がかかるケースもあります。

開業資金だけではなく、お店を運営していくための運転資金も考慮しなければならないので、オーナーとしてコストがかからない方法を探すのは大事なのです。