スポンサードリンク

デイサービス開業と事業計画について

どのようなデイサービスを開業し、運営していくかという事業計画をしっかりと立てることで、コンセプトがより具体的になると思われます。

しかし、「どのように事業計画を立てれば良いか分からない」「どういった項目があるのか分からない」という方はいらっしゃるでしょう。

そのような方は、このページで詳しく説明されているので、参照してください。

 

@資金計画

様々な項目の中で、資金計画が一番大事です。

デイサービス開業に必要な資金・費用で説明致しましたが、自分の資本金は○○○円ぐらいで初期費用として○○○円ほど必要になるということを、詳しく分析しなければなりません。

自分の予算が足りないという場合は、助成金を申請したり、融資を受けるなどの対策をしましょう。

デイサービスを開業するには法人格を有さなければなりませんが、これは融資を受ける際に有効です。

基本的に個人事業主ですと融資を受けるのは大変難しいですが、法人であれば個人事業主ほど難しくはありません。

 

A売り上げ計画

デイサービスというものは、飲食店のように「多くのお客さんが来れば儲かる」という仕組みではありません。

1日当たりの利用者数は限られているため、売り上げの上限はほぼ決まっていると言っても過言ではないのです。

つまり、より売り上げを多く出すには人件費やテナント料といった固定費を抑えなければなりません。

予想以上に売り上げが出る日というのは存在しないので、余裕を持った運転資金が必要です。

 

B経費計画

介護サービスを行っていく上で、経費がどのくらいかかるのか調査することは大事です。

人件費や内装工事費などの経費をチェックしましょう。

 

C利益計画

上記の3つの計画を総合して、どのくらいの利益を出すことができるのか計算しましょう。

デイサービスは売り上げを予測しやすいので、利益計画も立てやすいはずです。

そして、ある程度の目標を立てて、その目標に向かって進んでいきましょう。