スポンサードリンク

デイサービスを開業する際の資金と費用について

デイサービスを開業するための資金と費用は、一概に答えることはできません。

それは、どのような規模のデイサービスを運営していくかによって、変わってくるからです。

もし、立地の良い場所に設立しようと考えているのならば、それなりのテナント料が必要となります。

しかし、デイサービスは飲食店とは違って駅前に構える必要がないので、駅から遠く離れた住宅街で運営しても問題ありません。

また、建物の大きさによってもかかる費用は変わってきます。

そして、雇うスタッフの人数によって、開業するための資金は大きく変わります。

あくまで目安ですが、10名程度の小規模のデイサービスを開業するのであれば、初期費用は300万円〜400万円程度で済むでしょう。

自己資金でこれだけのお金が用意できないとしても、設備資金を融資してもらえるので、デイサービスの開業は難しくありません。

 

デイサービスを開業する際に必要な設備の資金と費用

デイサービスを開業する際に必要な設備の資金と費用として、土地代が挙げられます。

先程もご説明致しましたが、必ずしも立地の良い場所で運営していく必要はないので、そこまで大きな土地代はかからないでしょう。

しかし、より良く介護を行うために改装工事をしなければなりません。

高齢者のために、お風呂やトイレを改装する必要がありますし、手すりも至るところに付ける必要があります。

その他ですと、介護が必要な方のために、設備が整っている送迎車両は必要です。

その他必要となる備品や人件費などを合わせると、300万円から〜400万円ほどとなります。

ただし、運転資金として人件費や光熱費といったものがかさんでくるので、余裕を持って用意した方が良いでしょう。

また、起業に関する指導を受けたり、アドバイスを受けたりするコンサルティング費用が必要となる場合があります。

この費用は30万円から100万円ほどかかってしまいます。

ただ、デイサービスを開業して介護を必要とされる方により良いサービスを提供するために、コンサルティング費用は必要不可欠であると言えます。