スポンサードリンク

デイサービスを開業するための申請について

デイサービスを開業するためには、必要な資金を用意し、資格を有した人員を確保しなければなりません。

しかし、これだけでは開業することができません。

デイサービスをしっかりと運営していけるかどうかの指定申請を受けなければならないのです。

この指定申請のポイントについて、ここでは説明していきます。

 

@法人格を有していること

デイサービス開業に必要な資格で説明致しましたが、デイサービスを開業するための最低条件として、法人格を有していなければなりません。

個人事業主としてデイサービスを運営していくことはできないのです。

 

A資格を有した人員を揃えていること

デイサービスを開業する管理者が資格を有している必要はありませんが、ここで働く人員は国で定められた資格を持っていなければなりません。

 

B最低限の設備を満たしていること

運営していくデイサービスの設備が、厚生労働省令で定めている基準を満たしていなければなりません。

お風呂やトイレといった、介護のために必要なものは全て揃えなければならないのです。

最低限の設備が備わっていなければ、介護が必要な方にサービスを提供することはできません。

 

デイサービスの指定申請に必要な書類

デイサービスの指定申請には、法人登記簿謄本・指定居宅サービス事業者指定申請書・事業計画書といった書類が必要となります。

また、従業員の勤務体制や勤務体系が記してある書類には、管理者を含めた従業員の1か月分の勤務時間数を記載しなければなりません。

その際に、従業員が資格を有しているかどうかの証明も必要となります。

そして、デイサービスの設備の内容について記した書類を提出しなければなりません。

その際に、事業所の平面図や設備一覧表を一緒に添えましょう。

さらに、デイサービスを開業する管理者の経歴を載せた書類も合わせて提出してください。

もし、介護に関する資格を管理者が有している場合は、その資格も記載しましょう。