スポンサードリンク

エステ開業に必要なものについて

エステを開業する際に必要なものは、お客様にサービスを提供する場所です。

こんなことは当たり前と思うかもしれませんが、エステサロンを路上で行うわけにはいきません。

そのため、場所を確保する必要があります。

テナントを借りてエステを開業するという場合は、人通りが多いところが多いので集客はかなり楽かもしれません。

しかし、このような場所はテナント料が高いので初期費用がかさんでしまいます。

失敗した時のリスクが大きいのでしっかりと考えなくてはなりません。

賃貸マンションを借りて開業するという場合は、場所によっては集客を見込むことができますし、テナントよりも初期費用を抑えられるといったメリットがあります。

ただし、人通りが多い賃貸マンションを借りなければ、飛び込みによる集客を望むことはできないでしょう。

また、自宅でエステサロンを開業する場合は、家賃やテナント料が一切かからないので、初期費用を大きく抑えられます。

詳しくは、自宅でエステ開業で説明しておりますので、見てみてください。

このように、エステを開業する場所が一番大事であると言っても過言ではありません。

今後の経営に関わる大きな部分ですので、自分のコンセプトやイメージと照らし合わせ、慎重に決める必要があるでしょう。

また、エステを開業するには、イオン導入器や高周波機器、超音波機器といった機械が必要です。

導入する機械にもよりますが、施術単価を上げることができます。

機械を多く導入したからといってエステが繁盛するという保障はありませんが、安全な機械を正しく使用することで、効率良く施術を行うことができるでしょう。

ただし、このような機械は高額のものが多いため、慎重に選ぶ必要があります。

それに、エステの基本は手による施術ですので、機械に頼りすぎるのは良くありません。

あくまで機械は補助的なものであるということを理解し、手による施術をきちんと身に付け、お客様により良いサービスを提供することを忘れてはいけません。