スポンサードリンク

不動産開業について

不動産とはどのようなものを指すのかご存知ですか?

不動産は民法上では個性に着目した財産であるとされており、土地及びその定著物のことを指します。

この不動産を開業してみてはいかがでしょうか。

簡単そうに見えて意外と知識が必要ですので、何も知らないような状態で始めると中々儲からないのですが、私たちの住む家は生きていくためには必要不可欠ですので、需要がなくなるということは絶対にないのです。

不動産と一口に言っても色々な種類があるのですが、街中で見かけるような不動産会社では賃貸住宅の仲介や管理を中心に行っています。

しかし、分譲マンションの販売をしている業者や、建物の管理だけを行っている業者もあります。

また、仕入れが全く必要ない媒介業務というビジネスモデルもあるのです。

媒介業務とは、貸主と借主の間に立ち、賃貸借契約や売買の契約を成立させるために業務を行うことで、一般的には仲介と呼ばれることもあります。

仕入れが全く必要ないということは、資金が必要ないことを意味するので、倒産のリスクが最も少ないと言えるのです。

不動産を開業するのであれば、媒介業務がリスクなく始めることができますし、タイミングが良ければ開業早々最高のスタートを切ることも可能です。

ただし、どの業態で不動産を開業するとしても、業界経験がゼロで始めるのは難しいと言えるでしょう。

ただし、社長が業界経験がゼロであったとしても、知識のある人材や一緒に起業する仲間が不動産に関する経験があれば、開業して経営を行っていくことはできます。

このように、何も知識がなくても、斬新なアイディアを持ち、経営能力があるのであれば、経営に徹して不動産を開業できると思われます。

つまり、誰でも不動産を開業できるということになるでしょう。

もし、絶対に成功させたいと考えているのであれば、少しでも知識をつけるために本やサイトで勉強をした方が良いかもしれません。

知識がなくても経営は行えると言いましたが、一緒に起業する仲間がいないのであれば、最初は自分で何とかするしかないのです。

不動産業務について全く知らないのであれば、宅地建物取引主任者の資格をとるために勉強する必要があります。

簡単にとれるような資格ではないのですが、不動産を開業していくに当たって必要な免許です。

少なくとも5人に1人の割合で宅地建物取引主任者を事務所に配置しなければならないので、代表者が資格者なのがベストであると言えます。