スポンサードリンク

不動産開業と賃貸について

不動産を開業して業務を行っていくに当たり、その業務は色々と考えることができます。

その中で最も多いのが、賃貸物件を紹介する賃貸仲介です。

元手が0円で始められるというメリットがあるので、不動産を開業してまず行うのが、賃貸仲介であるという方は多くいらっしゃいます。

アパート・マンション・店舗・事務所・駐車場など、賃貸物件であれば様々な分野に渡って紹介を行う幅広い仕事です。

このような物件をお客さんに紹介して、仲介手数料をもらうのが目的となっております。

不動産を開業する方の約7割〜8割が賃貸仲介であると言われているので、オーソドックスな業務であると言えるでしょう。

地域密着型の不動産会社の固定収入となっている業務であり、これを専業で行っている会社だけではなく、売買の片手間に行っているという会社もあります。

賃貸仲介の繁忙期は一般的には、秋の10月ぐらいから翌年の3月頃までがピークです。

秋は人事異動が行われる季節であり、春は学生生活のために一人暮らしを始めるという学生が多いため、不動産会社で最も忙しい時期となっております。

そのため、不動産を開業しようと考えている方は、この繁忙期に合わせて準備を進めるのが良いでしょう。

ピークが過ぎた4月にオープンしたとしても、思うような集客ができずにすぐに閉店することも珍しくはありません。

つまり、繁忙期が始まる10月までには宅地建物取引主任者の資格を取り、ホームページの作成も終えて、すぐに営業できるように整えておく必要があります。

開業初期でつまづいてしまうと、そのまま悪い方向へと進んでしまうことが考えられるので、準備を怠らないことが大切です。

賃貸仲介の主な業務は、「広告やホームページを見て来店したお客さんへのセールス」「賃貸業者に物件のリストをFAXしたり、紹介する仕事」が挙げられます。

もちろん、これだけではありませんが、来店されたお客さんに物件を紹介するのが主な仕事であると言えるでしょう。

現代では店舗に貼り付けてあるチラシを見て来店するのではなく、インターネットのホームページを見て良さそうな物件を見つけ、実際に店舗に来店し、自分が気に入ったマンションやアパートを見て契約を行うという形が一般的です。

その際に、同じような物件をお客さんに紹介することも大事なのですが、色々なお客さんに訪れてもらうために、ホームページの製作を怠らないことが必要であると言えるでしょう。