スポンサードリンク

不動産開業とフランチャイズについて

街中の不動産屋を見てみれば分かると思われますが、駅前といった立地の良い場所には大手の不動産の名前が連なっていると思われます。

誰でも一度は聞いたことのある不動産屋が並んでいることも決して珍しくはありません。

もちろん、古くから営業をしている昔ながらの事務所の不動産屋もあるのですが、駅前には大手の不動産屋が多くなっております。

駅から離れ人通りが少ない場所に建設されているような事務所は、個人経営が多いと言えるでしょう。

このように、不動産は大手の看板を背負ったフランチャイズが中心となっていることがお分かり頂けると思われます。

フランチャイズとはFCと略されることもあり、ビジネスの一形態であると言えます。

これは不動産開業に限った話ではありませんが、フランチャイズの事業者本部が様々な場所に事業を拡大するために、加盟店と契約をして独占販売権を与えるのです。

この加盟店は事業者本部からサポートを受ける変わりに、加盟金や毎月定められた権利の使用料であるロイヤリティーを支払う義務があります。

コンビニエンスやファーストフードといったように、私たちの身近なところにフランチャイズがあるのです。

不動産開業において、フランチャイズを利用するかどうかはあなた次第であると言えます。

それは、どちらにもメリットとデメリットがあるからです。

フランチャイズに加盟するメリットとしては、大きな看板を手に入れられるということです

。誰でも知っているような看板を掲げて不動産屋を設立することで、お客さんは「この不動産屋ならば安心」と考えます。

独立して経営を進めていく場合は、集客が非常に大変なのですが、フランチャイズであれば必死で集客する必要がなくなります。

そして、どのように経営を行っていけば良いのか事業者本部がサポートしてくれるので、未経験の方でも安心して始めることができるでしょう。

しかし、その代わりに加盟金やロイヤリティーを支払わなければなりません。

この金額は会社によって異なるのですが、毎月の売り上げの一部を持っていかれるということには変わりないのです。

また、勘違いしている方が多いのですが、大手の看板を掲げている会社は、大手の会社の支店というわけではなく、ただ看板を買っているにすぎないのです。

つまり、消費者が誤認しているということになります。

フランチャイズに加盟するにしても、独立して経営をするにしても正解はありません。

どちらの方法が良いのか慎重に決める必要があります。