スポンサードリンク

不動産開業に役立つ本について

ここでは、不動産開業に役立つ本をご紹介していきたいと思います。

どのように開業して経営を進めていけば良いか分からないという方は、本を読んで勉強してみてください。

 

『近未来型不動産売買仲介業の経営戦略』

『近未来型不動産売買仲介業の経営戦略』は不動産業務に当たって、どの地域でどのように攻めていくのかといった経営戦略について詳しく書かれております。

この本の著者はマーケティングに精通しており、独立して不動産業界で試してみたところ、思った以上に上手くいったということで、既存の不動産会社や新規にこの事業に関わる方へノウハウを提供するようになったのです。

『近未来型不動産売買仲介業の経営戦略』で説明されている戦略はシンプルで、自社で取り扱う商圏をしっかりと定め、その商圏の中で一番になることが重要であると記載されております。

この本の通りに経営を進めて確実に上手くいくというわけではありませんが、徹底して続ければ効果は表れるのではないでしょうか。

 

『「ブランド不動産会社」宣言! 成功する独立開業法』

『「ブランド不動産会社」宣言! 成功する独立開業法』では、新しいスタイルの不動産会社をどのように作れば良いのか記載されております。

大手でも地域密着型でもない不動産会社を、短期間でどのように評価を上げていけば良いのか書かれているので、不動産業務の未経験の方に是非読んで頂きたいと思っています。

不動産会社はこれからも社会に必要なサービスとなるので、お客様の視点に立った会社を作っていく必要があるのです。

 

『誰も教えてくれない「不動産屋」の始め方・儲け方』

『誰も教えてくれない「不動産屋」の始め方・儲け方』では、素人でも簡単に始めるための開業と運営のノウハウについて記載されております。

安定した売り上げを出して利益を上げるためにはある程度の知識が必要となりますが、この本を読むことで業界の仕組みや、不動産業に関するスキルとテクニックを知ることができるのです。

 

『不動産業独立・開業と実務ハンドブック』

『不動産業独立・開業と実務ハンドブック』は、不動産業として独立・開業するためにはどのような手続きをすれば良いのか記載されております。

多くの不動産会社は500万円〜1,000万円以内で開業しているところが多いので、そこまで敷居が高くないということが分かると思われます。

営業活動に関しても詳しく説明がなされているので、是非ご覧になってください。