スポンサードリンク

不動産開業と事業計画書について

これは、不動産開業に限った話ではないのですが、起業を心に決めたのであれば、まずは事業計画書を作成する必要があります。

事業計画書とは、その名の通りこれから行おうとしている事業に対して、経営者の思いを表現する書類です。

構想は夢の具体的な表現であると考えることができ、明確な目標を設定することで高い志として評価されます。

そして、事業計画というものは、事業を実現できるスキルや資源を所有しているかどうかではなく、描いた将来のビジョンに向けて、スキルや資源をどのように取得していくのかを明らかにするものなのです。

もちろん、限界はあるのですが、資金やモノを全く持たないとしても、事業に対するアイデアを具現化するノウハウさえ身に付ければ、夢であると感じていた事業であっても成功する可能性はあります。

私たちは現実を頭に思い浮かべてしまい、できないという判断を勝手にして自己規制する傾向にあるのですが、それは自分の可能性を閉ざしていると言えます。

自分自身でその可能性を閉ざすのは勿体無いのではないでしょうか。

自信過剰になると、今度はリスクを考えて対策を打てなくなってしまうので、これはこれで問題があるのですが、大きな夢を掲げてそれを実現させるために、事業計画書を作ってみてください。

不動産を開業して成功を収めるためには、必要不可欠です。

起業当初はほとんどが絵に描いた餅となる可能性があると言われておりますが、何も考えずに開業していくよりも、ある程度道筋を想定して事業を行った方が、より成功する確率は高められますし、夢を少しでも具現化させるためには大事であると言えます。

事業計画書を作るのは、自分の夢を絵空事としないために行うと考えることもできますが、金融機関からの融資や助成金を受給するために、必ず必要となります。

この事業計画書なしでは、融資は受けられないと言っても過言ではありません。

金融機関は何よりもリスクを重視するので、可能性のない事業者にお金を貸すということはないでしょう。

つまり、返済できないと判断されてしまうと、融資を受けることができないのです。

このような事態を防ぐために、事業計画書は大切です。

また、人材を確保したり取り引き先とのパイプを広げるためにも、事業計画書を役立てることができます。

不動産を開業するに当たって、人材を確保するということはかなり大事なことなのではないでしょうか。