スポンサードリンク

不動産開業と事務所について

不動産を開業するに当たって、事務所は必ず設立しなければなりません。

インターネットという架空の空間を利用して商売を行うネットショップとは違って、不動産は事務所を構えてお客さんを待つ必要があります。

そこで、事務所を設置するに当たって、まずはどのような場所に建設するのか考えてください。

テナントとして借りる場合は、駅前ほど家賃は高くなりますし、最寄り駅から遠ければ遠いほど家賃は安くなります。

しかし、コストを抑えることを考えすぎて人目のつかないところに事務所を建設しても、お客さんは集まらないでしょう。

一般的には、駅前といった人通りが良い場所に事務所を建設するのが良いと言われております。

それだけ人目につきやすいということになるので、お客さんが入りやすいというのは当たり前かもしれません。

ただし、駅から遠く離れている場所であっても、車通りが激しい国道沿いに位置しており、大きな駐車場を完備しているのであれば、特に問題はないと言えます。

駅から離れており、歩行者があまりいないのにも関わらず駐車場を完備していないという事務所は、すぐに潰れてしまう可能性が高いです。

このように、事務所を設立するのであれば、お客さんの視点に立って考えなければなりません。

もちろん、立地の良い場所に事務所を設立したからといって繁盛するわけではありませんが、失敗のリスクを抑えられることは間違いないのです。

不動産を開業して経営を行っていくためには、あらゆるリスクを想定して回避しなければならないと言えるでしょう。

リスクの回避という点では、自宅を事務所にする選択肢もあります。

そうすれば、月々の家賃やテナント料、敷金や礼金といった費用を支払う必要がないのです。

自宅の一部を事務所として使用することはできるのですが、出入り口を一緒にできないという規制があったり、完全に間仕切りされた独立したスペースでなければならないといった規制があります。

もし、自宅で事務所を建設することになったとしても、内装費に大きな費用がかかっては意味がありません。

特に、マンションに住んでいるという方は、出入り口が一つしかないことが多いので、事務所として申請するのは難しいと言えるでしょう。

このように、自宅で開業する場合であってもテナントを借りるのと同じくらいのコストがかかる可能性もあるので、どのような方法でどこに事務所を設立するのか、慎重に考えてください。