スポンサードリンク

不動産開業を自宅で考えている方へ

新しく会社をスタートさせるために、どこに事務所を設置するのかということは不動産事業に大きく関わる部分ですので、非常に大切であると言えるでしょう。

不動産業はお客さんありきの商売ですので、立地する場所で失敗すると、事業全体の失敗となり兼ねません。

そのため、どこに設立するのか慎重に考える必要があります。

そこで、まず始めに考えることは事務所にするか、店舗にするかということが挙げられます。

特定の人物しか来客しないというのであれば、必要最低限の広さの事務所を借りて作業ができれば十分です。

しかし、多くのお客さんをターゲットにしてサービスを提供していくのであれば、人通りが多く人目につきやすい1階という立地がベストであると言えます。

また、事務所や店舗を借りるのではなく、自宅の一部を利用して不動産を開業しようと考えている方がいらっしゃいます。

自宅であれば家賃やテナント料、内装費といったものを削減できるので、選択肢の一つとして考えるのは良いでしょう。

ただし、立地条件が悪いと、思うように集客できない可能性は十分に考えられます。

いくら初期費用を安く抑えたとしても、集客できなければ不動産業は成り立たないので、慎重に決めなければなりません。

また、自宅を事務所にする際に気をつけなければならないポイントがあるので、ここでは詳しく記載していきたいと思います。

 

<事務所専用の出入り口が必要>

自宅を不動産会社の事務所とする場合は、自宅の玄関とは別に事務所専用の出入り口を用意しなければなりません。

そのため、一軒家であればまだしも、出入り口が一つしかないことが多いマンションでは事務所を建設することは難しいと言えるでしょう。

つまり、部屋の一部を事務所とすることはできないのです。

 

<壁で間仕切りされたスペースであること>

リビングや他の部屋で繋がっているというわけではなく、事務所にする部屋は壁で間仕切りされたスペースでなければなりません。

つまり、不動産会社の事務所として使用するには、完全に独立していなければならないのです。

事務所で使用する部屋は、それ以外の目的で使用することができなくなっております。

 

<事務所の形を成している>

机や椅子といった、事務所として最低限なくてはならないものが用意されており、事務所の形を成している必要があります。

もちろん、これは自宅に設置するという場合だけではなく、テナントとして借りる場合も同じことが言えるでしょう。