スポンサードリンク

不動産開業と助成金について

助成金とは融資とは異なり、一切返済する必要がありません。

つまり、審査に通りさえすれば、その資金を使用して不動産開業に当てて、自由にやり繰りすることが可能です。

融資とは異なって審査が非常に厳しくなっているのですが、しっかりと事業計画書を提出し、不動産開業に関する意思を見せれば受給することができます。

個人事業主でも法人でも申請することができるので、是非制度の仕組みを理解して積極的に助成金を活用していきましょう。

ここでは、不動産開業でどのような助成金を受けられるのか説明していきたいと思います。

 

<中小企業基盤人材確保助成金>

中小企業基盤人材確保助成金は創業関連の助成金となっております。

都道府県知事の認定を受けている改善計画に従って、人材の需要が必要な成長分野において創業を行い、経営の基盤をしっかりと固めるために、労働者を雇い入れた場合に賃金相当額として、一定の資金を受給できるのです。

中小企業基盤人材確保助成金は不動産開業だけではなく、その他の分野で開業するという場合にも受けることができます。

基盤人材1人当たり140万円が支給されます。創業関連の助成金の中で一番人気があり、不動産の経費で250万円以上の支出を行い、毎月30万円以上を支給する社員を雇い入れるという条件があるので、注意が必要です。

飲食業などでは容易に審査が通るという特徴があるのですが、インターネット関連の事業ですと要件を満たすのが難しくなっております。

 

<受給資格者創業支援助成金>

受給資格者創業支援助成金は、雇用保険の受給資格者が不動産を開業し、創業後1年以内に雇用保険が適用する事業の事業主となった際、開業に費やした費用の一部を助成金として受給できます。

受給額は創業にかかった費用の3分の1となっており、最大で150万円と定められております。

また、創業後1年以内に2名以上の雇用を行ったという場合は、50万円が上乗せされるのです。

受給資格者創業支援助成金は、脱サラ起業をしたという方に人気の助成金となっているのですが、起業ありきで退職したという場合は対象外となるので十分に気をつけてください。