スポンサードリンク

不動産の開業届について

不動産を開業するためには、個人事業主の届出や法人の届出を行わなければなりません。

個人事業主でも法人でも開業は可能なのですが、まずはどちらを選ぶかを決める必要があります。

どちらも税務署に書類を提出するということは変わらないのですが、法人の方が提出する書類が多いですし、費用も多くかかります。

この2つの主な違いは、個人事業は個人が主体となって経営をして事業を自己責任で行うのに対して、法人は人間以外が法律上の権利義務となることを認められております。

個人事業で開業するメリットとしては、運営に手間がかからず、コストが一切必要ないということです。

言ってしまえば、元手0円で開業することができます。

税務署に簡単な書類を提出するだけで個人事業主となることができますし、面倒な手続きや審査も全く必要ありません。

確定申告の時にどのように行えば良いのかしっかりと勉強しておけば経理を税理士に任せる必要はないので、月間顧問料を支払うコストを削減できるというメリットもあります。

そのため、すぐにでも開業を行いたいという方は、個人事業が良いと言えるでしょう。

ここまでの説明を聞いていると、個人事業主にしかメリットがないように思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

法人を取得するためには面倒な手続きが必要ですし、約30万円ほどの費用が必要となるのですが、社会的信用度が個人事業主よりも圧倒的に高いのです。

取引相手からの信用を法人の方が得やすいので、不動産を開業するという場合は、お客さんの信頼を得なければならないので、もしかしたら法人格を得た方が良いかもしれません。

また、金融機関からの融資を受けやすいというメリットがあります。

不動産は手軽に始められると言われておりますが、それでも自己資金だけで開業を行うというのは、あまり現実的ではないのです。

つまり、金融機関から融資を受ける必要があります。個人事業主では融資を受けられないということではありませんが、法人よりかは信頼度は下がるので、それだけ借り入れが難しくなるのです。

融資を受けるには審査に通らなければならないので、融資が必要となる不動産開業を考えている方は、法人の方が適していると言えます。

とは言っても、個人事業主として開業をしても、途中で法人成ができます。

以上の点を踏まえて、どちらの方法で開業し、開業届を提出するのかあらかじめ考えておくことが大切です。