スポンサードリンク

不動産開業を個人事業主で行おう

不動産を開業するという場合は、個人事業主であっても法人であっても始めることができます。

どちらの方法を選択するか、あなた次第であると言えるのですが、どちらにもメリットとデメリットがあります。

宅地建物取引業の免許と営業保証金の問題をクリアすれば、個人事業主であっても開業することができ、その一番のメリットは手軽に開業の手続きを行えるという点です。

法人として設立すると、法人格を取得するために約30万円ほどの費用がかかってしまいます。

それに、個人事業主の場合は、開廃業届出書といった簡単な書類を提出すれば良いのに対して、法人の場合はさらに多くの書類を提出しなければなりません。

このような作業も仕事の一部であると説明できるのですが、面倒なことが嫌いであるという方は、法人格を取得するための手続きで嫌になる可能性が高いのです。

個人事業として開業するのに一切お金がかからないので、実質0円で開業できます。

このように、個人事業主であればリスクなく開業して事業を始められるというメリットがあるのです。

このような説明を受けると個人事業主にはメリットしかないと思われるかもしれませんが、デメリットもあります。

それは、信用力が足りないということです。開業後にどのようにビジネスを発展させていきたいか、個人の考え方によって変わるのですが、不動産は信用が第一のビジネスであると言えるので、その点では信用力が高い法人格を取得した方が良いかもしれません。

また、個人事業主は税制面で非常に不利となっており、売り上げが増えれば増えるほど個人事業主では不利となってしまいます。

年収で数百万円であれば個人事業主の方がお得となっているのですが、年収で1,000万円を超えるのであれば、法人化した方が節税になるのです。

もちろん、最初は個人事業主として経営を始め、事業が安定して利益が出てきたのであれば、法人成りするという選択肢も良いと思います。

いきなり法人を設立して事業を行うというのはリスクを伴うので、この方法が一番適しているかもしれません。

いずれにしろ一つ言えることは、個人事業主が良いのか法人が良いのか、一概には言えないということです。

どちらで開業したとしても、成功する方がいらっしゃれば、失敗する方もいらっしゃいます。

「どのような形態で事業を展開していくのか?」といったことが大事なわけではなく、自分の事業に対する思いとやる気が大切なのです。