スポンサードリンク

不動産開業が未経験の方へ

不動産開業が未経験でも経営をしていくことができるのか、疑問に思っているという方は多くいらっしゃいます。

率直に言えば、宅地建物取引主任者の資格を取得し、保証協会への加盟金を納めればたとえ未経験であったとしても開業はできます。

簡単に開業ができるため、敷居が低いビジネスであると言えますし、競争が激しいとしてもベテランの方がどんどん独立していくのは、それだけ不動産業が儲かるからです。

独立開業のノウハウについて書かれている本を見てみると、「未経験でもできます」と記載されていることも少なくありません。

このように、未経験であったとしても開業できてしまうのが不動産なのです。

ただし、一般のお客さんを相手に営業をした経験が一切なく、コネや技術力もないという方は失敗する可能性が高くなっております。

また、開業前に自信満々の方も失敗すると言っても良いでしょう。

これは不動産業に限った話ではありませんが、失敗した時のリスクマネジメントや、仕事をしていく上での不安定要素を考えないという方は、成功は難しいのです。

よく考えてみると、自分で開業するというのは大きなリスクが伴います。

このようなことを事前に見つけ出し、しっかりと対策できる人が開業で成功するのではないでしょうか。

何も考えずに開業をするという方は、リスクを考えていないので、失敗してしまうのです。

そのため、慎重に考えるのであれば、バイトだとしても正社員だとしても不動産会社に就職して経験を積み、その後に独立する方が良いと言えます。

たった数ヶ月でも得られるものがあるかもしれないので、リスクを回避する上ではサラリーマンとしての経験を積むことが大切です。

自分の得たい経験を必ずしも手に入れられる保証はないかもしれませんが、自分のスキルが上昇するということは間違いありません。

自分自身で色々な仕事に関わり、経験と知識を少しずつ積んでいけば、プラスとなるのです。

しかし、少しでも時間を無駄にしたくないと考えている方は、すぐにでも未経験のまま開業しても良いでしょう。

サラリーマンやバイトとして働いている時間が無駄であると思えるのであれば、開業した方が将来のためになると言えます。

それでも、どのようなコンセプトで開業していくのか、しっかりと定めておく必要があります。

何も考えずに成功できるほど、不動産開業は甘くはないということを頭に入れておいてください。