スポンサードリンク

不動産開業で得られる年収について

不動産を開業したいという方は、同業者がどの程度稼いでいるのか気になるかもしれません。

しかし、不動産業務に関わっている人が平均でどのくらいの年収をもらっているのかというデータは一切出ていないのです。

それでも一つ言えることは、年収100万円である方もいれば、1,000万円を超えるという方もいらっしゃるということです。

ただし、宅地建物取引主任者を取得して独立し、年収1,000万円以上稼ぐというのは並大抵のことではありません。

もちろん、不可能であると決め付けることはできませんが、20代のうちに年収で1000万円を稼ぎたいという方には向いていない事業であると言えます。

自分の家族が賃貸用のマンションを持っていたり、貸家があるという場合は不動産業として開業し、賃貸仲介を行っていけば年収1,000万円も夢ではありません。

つまり、人に貸すだけのマンションや家を持っていないという方は、独立して年収1,000万円を稼ぐのは不可能なのです。

それに、不動産を開業するという場合は、900〜1,000万円は必要であると考えてください。

ということは、半分の500万円は最低でも自己資金として用意しなければならないのです。

目安としては自己資金と同じ額を融資できると思ってください。

以前は、無担保無保証で自己資金の倍額まで借り入れを行うことができたのですが、現在では倍額を借りる場合は連帯保証人が必要なのです。

そして、最初は経営が安定せずに赤字が続くということは十分に考えられるので、年収1,000万円を達成するのは相当先になってしまうのではないでしょうか。

ただし、年収1,000万円は不可能であったとしても、十分に生活していくだけの収入を得ることは可能です。

そのためには、不動産開業に関する知識とスキルをしっかりと身に付けなければなりません。

もちろん、未経験であっても開業は可能なのですが、ある程度の知識を身に付けておかなければ成功は難しいと言えます。