スポンサードリンク

不動産開業と立地について

不動産を開業するに当たって、立地を考えることは非常に大切です。

まずは、「どのような場所に事務所を設立するのか?」「どのような場所が最適なのか?」といったことを考えなければなりません。

不動産会社をオープンをしてすぐに閉店してしまう店舗もあるのですが、この場合は立地を考えていなかった可能性が非常に高いと言えます。

自宅で不動産を開業するとテナント料が必要ないので初期費用を低く抑えることが可能ですが、人通りの少ないところに構えてしまうと、お客さんが全く入らないことが考えられます。

地域密着型の不動産会社はたくさんあるのですが、人通りが少ないほど目に入らないので、それだけお客さんは減ってしまうでしょう。

そのため、できるのであれば、昼間の人通りが多く、人目につきやすい駅前に店舗を構えるのが最適であると言えます。

周辺のテナント状況や、人口・世帯数の動向、商圏の推移といったように、様々な要素を考慮して設立する事務所を決めなければなりません。

いくら、人通りが多くても、周りにたくさんの不動産会社が多ければそれだけライバルが多いこととなるので、経営が難しくなる可能性があります。

さらに、「若者を対象とするのか」「シニア世代を対象とするのか」といった研究も欠かさずにしなければなりません。

実際に営業してみないことには分からないことも多いのですが、少しでもリスクを減らすために不動産会社を設立する前にできるだけの対策をする必要があるのです。

ここを怠っていると、お客さんが入らずにすぐに閉店しなければならない状況が待ち受けています。

もちろん、購入した時点では非常に良い立地であったとしても、時が経つにつれて周辺の交通状況が変化し、良い立地ではなくなることも考えられます。

いくら何でも周辺人口や車の数を正確に予測することは不可能ですので、立地の良さを維持することは非常に困難なのですが、それでも現段階で良い立地を選ぶことは大切です。

そこで、様々なポイントの研究を行い、自分の拘りを持って事務所を建設する場所を決めるのが最適であると言えるのではないでしょうか。

失敗を恐れすぎると建設する立地が決まらずに、ズルズルと開業の時期が遅れてしまうという可能性はありますが、勇気を持った自分の決断も大事です。

実際に建設して、「もう少し良い場所にしておけば良かった」と後悔しないように、研究を怠らないでください。