スポンサードリンク

不動産開業に必要な資金・費用について

不動産開業に必要な資金を一概に説明することはできません。

どのように不動産業務を行っていくかで変わりますし、事務所をテナントとして借りるのか自宅で行うのかによっても変わるのです。

一般的には自己資金300万円〜500万円で開業を始め、それに融資をプラスして経営をする方が多くなっております。

もちろん、100万円で開業をしたという方もいらっしゃいますし、1000万円でも資金がすぐに底をついたという方もいらっしゃるのです。

事務所費用や運転資金を考慮すると300万円でも足りないという場合は考えられるので、その場合は融資を受ける必要があるでしょう。

では、一体どのような用途で資金が必要となるのか説明していきたいと思います。

ここで説明している資金以外にも必要となる項目はあるので、なるべく多めに開業資金を用意しておかなければなりません。

 

<事務所費用>

自宅で不動産を開業するのであればテナント料は必要ないので、非常にリーズナブルに開業が可能となります。

保証金や家賃は必要ないので、それだけ初期費用を安く抑えることができるでしょう。

しかし、事務所を構えるという場合は、保証金をあらかじめ2ヶ月〜6ヶ月分支払う必要があるので、100万円前後は用意しなければなりません。

また、パソコンや椅子、机といった備品も購入しなければならないので、さらに30万円〜100万円は必要です。

テナントとなるとさらに内装費がかかるので、初期費用を抑えるために自宅を利用するのは良いと思われます。

 

<宅地建物取引業保証協会への加入費用>

1000万円の営業保証金を供託しないという場合は、宅地建物取引業保証協会へ加入しなければなりません。

宅地建物取引業保証協会とは、不動産業務を行っていくに当たっての苦情の解決、従事者への研修、取り引きの際に生じた債権の弁済といったことを行っている団体のことを指します。

宅地建物取引業保証協会への加入費用は約180万円です。

しかし、この団体に加入しなければ営業保証金として1000万円を用意しなければなりません。

このお金は使用できないので、さらに開業資金や運転資金を用意しなければならないのです。

開業時にこれだけの資金を用意できる方はほとんどいないので、宅地建物取引業保証協会へ加入する方が多くなっております。

 

<広告宣伝費>

今の時代は、物件を直接見て不動産屋に入る方は非常に少なく、インターネットで検索して良さそうな物件があれば問い合わせるという流れとなっております。

そのため、自社ホームページを製作する必要があります。

しかし、これだけではアクセス数は伸びないので、様々なweb広告を打つことを考えると、50万円〜100万円は必要となるのです。