スポンサードリンク

花屋開業について

子供の頃の夢で、お花屋さんを開くと答える子供はいらっしゃると思います。

特に女の子であれば、綺麗な花の中に囲まれて生活したいという夢を抱えるのは決しておかしなことではありません。

現在ではたくさんの職業があり、弁護士になるためには司法試験で受からなければ、飲食店を開業するには食品衛生管理者という資格が、そして医者になるためには医師免許を持っていなければならないのです。

このように、職業の中には資格を取得していなければならないものがあるのですが、花屋開業はこのような資格が一切必要ありません。

法人格を取得する必要もないので、小規模の個人事業主であれば直ぐにでも始められるというメリットがあります。

「お花が溢れる楽しいお店を開きたい」「大好きなお花の中に囲まれていたい」と考えている方は、花屋を開業して自分のお店を持ってみてください。

ただし、先ほど直ぐにでも花屋を開業できると説明致しましたが、開業に関する知識や毎日の努力は必要不可欠です。

何の知識もなしに、ただ花屋を開業したいという理由で始めると、失敗してしまいます。

「花屋を開業するために必要なことは何なのか?」「どのように経営をしていけば良いのか?」「どこに立地すれば良いのか?」といったように、勉強しなければならないことはたくさんあるのです。

特に、雑貨を売るお店とは異なり、花は生き物なので常日頃のお手入れを欠かすことはできません。

花を少しでも長持ちさせて、綺麗な状態を維持するためには、毎日のお手入れを怠ってはいけないのです。

どうすれば花を長持ちさせることができるのか素人では分からないと思うので、花屋を開業する前にこのような知識を得ておく必要があります。

それに、花にはどのような種類があるのか勉強し、良い花を安く仕入れるために、農家に直接足を運んでコミュニケーションを図るということも大切です。

さらに、配達や事務仕事といったように、意外とハードワークとなっていることも頭に入れておいてください。

以上のような知識を独学で手に入れるのは大変かもしれないので、花屋を開業したいのであれば、まずは花屋でアルバイトをしてみることをおすすめします。

ただ花屋で働くのではなく、仕入れのやり方を見たり、事業計画や経理を盗み見て覚えなければ働いている意味がないのです。

ある程度修行をして、必要な知識を手に入れたのであれば、独立はできると思います。

それでも、確実に成功するとは言えないのが花屋開業ですが、積極的にチャレンジして自分のお店を持ってみましょう。