スポンサードリンク

花屋開業とフランチャイズについて

花屋を開業するにあたり、自分で独自のお店を持つのではなく、フランチャイズを利用するという選択肢もあります。

現在、日本ではありとあらゆる分野においてフランチャイズ化されており、花屋も決して例外ではありません。

フランチャイズとはフランチャイザーと呼ばれる事業者が、他のフランチャイジーと呼ばれる他の事業者との間に契約を結び、経営のノウハウや手法、商品などの販売を行う権利を与え、その代わりにフランチャイジーは加盟するための費用やロイヤリティと呼ばれる利益の一部を支払うビジネスモデルのことを指します。

ロイヤリティの率はフランチャイズによって異なるものの、毎月支払わなければならないのですが、成功例のあるモデルをそのまま活用できるので、成功できる確率は大幅にアップするのです。

しかも、花屋を開業して成功するためのノウハウを一から学ぶことが可能ですので、全くの初心者であってもチャレンジできるという大きなメリットがあります。

花屋のスクールに通うとなると開業時期は確実に遅れてしまいますが、フランチャイズであれば直ぐに自分のお店を持てるのです。

このようなメリットがあるフランチャイズですが、デメリットもしっかりと頭に入れておかなければなりません。

フランチャイズとして開業すると、その親会社の手法に従わなければならないので、オリジナリティがなくなります。

独自のブランドに拘りを持った花屋を経営していきたいと思っているのであれば、フランチャイズは止めた方が良いでしょう。

また、確立されたビジネスモデルがフランチャイズにあるからといって、絶対に成功できるわけではないのです。

確かに、独自で開業するよりも成功率は上がるかもしれませんが、立地条件を調べたり多額のリスクを抑えるといった努力は必要となります。

このような努力を怠ると失敗してしまうので、十分に気をつけてください。

さて、花屋のフランチャイズとしては、「So」という会社が有名となっております。

「So」は日本で初の花屋のフランチャイズとなっており、一般的なフランチャイズとは異なり契約を締結せず、加盟社に合わせて具体的な契約を行っているのです。

それに、店舗のロケーションや用意できる資金によって、様々なパターンの花屋を提供しているので、まずは気軽に相談することをおすすめします。

以上のように、花屋を開業する方法の一つとして、フランチャイズという選択肢もあるのです。