スポンサードリンク

花屋開業の仕事について

花屋を開業し、自分のお店を持つのであれば、花屋でどのような仕事を行わなければならないのか理解しておく必要があります。

自分は経営者の立場で従業員を雇って店舗内での仕事をしないと考えている方はいらっしゃると思われますが、アルバイトを雇うとしたら仕事内容を従業員に教えなければなりません。

それはあなたが指導しなければならないので、花屋で行う仕事について知識を得ておかなければならないのです。

小さな花屋さんで行う仕事のイメージとして、花を可愛い感じにアレンジし、鉢や苗を色々と置いてお客さんを迎えると考えている方は、いらっしゃるでしょう。

これは決して間違いではありませんが、花屋で行わなければならない仕事は、イベントへの出店や花壇への植え込み、お祝い用の生花スタンドなど数え切れないくらいあります。

ここでは、花屋で行う全ての業務を説明することはできませんが、一般的な仕事内容について記載していきたいと思います。

 

<水替え>

花屋で行う一般的な仕事して、水替えが挙げられます。

この仕事は基本中の基本で、折れている花や枯れている花があれば取り除き、花が入っていたバケツを洗って新しい水をその中に張るのです。

数本の花の水替えであればそこまで大変なイメージはないかもしれませんが、花屋ではたくさんの花を取り扱っているので、水替えの作業も比例して多くなります。

しかも、水替えは毎日行わなければならず、50本や100本の花が入ったバケツはかなりの重さになるので、重労働となることは間違いありません。

花屋での仕事は華やかなイメージがあるかもしれませんが、意外と辛いものであるということをしっかりと把握しておいてください。

 

<花の手入れ>

上記で説明した水替えも花の手入れの一つかもしれませんが、自宅に置いている花であれば頻繁に手入れをする必要はないでしょう。

たまに、水をあげたりするぐらいで、特に問題はないと思われます。

しかし、花屋に置いてある花は商品ですので、綺麗に手入れをしなければならないのです。

花の手入れはメンテナンスとも呼ばれており、花が枯れないように水をやったり、幼虫やナメクジといった虫がつきやすいので、頻繁にチェックして取り除く必要があります。

定期的なメンテナンスを欠かさずに行うことで、綺麗な状態で花を保つことが可能です。

 

<花制作>

多くの女性が憧れる花屋の仕事が花制作です。

花束やお客さんの好みの物でアレンジしたりするので、花屋によって腕の見せ所であることは間違いありません。

花屋開業のスクールでは、経営のためのノウハウだけではなく、このような花制作について学べます。