スポンサードリンク

花屋開業に必要な資格について

「花屋を開業するために必要な資格はあるの?」という質問をする方はいらっしゃるでしょう。

何か事業を始めるために資格が必要な業種はたくさんあるので、不安になる気持ちは十分に分かります。

しかし、花屋の開業には資格は一切必要ありません。花屋でアルバイトをした経験がなくても、特に専門的な知識がなかったとしても、誰でも簡単に開業できるのです。

これが花屋の開業が人気となっている大きなポイントなのですが、開業のために個人事業主か法人を選択すると思われるので、それに必要な書類はきちんと税務署へ提出しなければなりません。

法人格を取得するとなると個人事業主よりもお金がかかりますし、手続きも色々と面倒ですので、最初は個人事業主として開業した方が良いと思います。

最初から失敗のことを考えるのは良くないと思われますが、個人事業主は廃業の手続きも簡単ですので、リスクを抑えられるというわけです。

こういった手続きは必要なものの、特殊な資格が必要ではないという特徴が花屋の開業にはあります。

とは言っても、お客さんの無理難題に応えられるようなスキルがなければ、仕事として花屋を経営していくのは難しいのではないでしょうか。

そこで、ここでは花屋開業を行う時に取得していると便利な資格をご紹介していきたいと思います。

資格を取得することで得られるメリットはたくさんあるので、考えてみてください。

 

<NFDフラワーデザイナー>

NFDフラワーデザイナーは、花の免許証として知られている資格で、多くのフラワーデザイナーが目標としているのです。

アレンジメントやブーケといった知識や技術を得るための資格となります。

 

<ドライフラワーアーティスト>

ドライフラワーアーティストは、ドライフラワーに関する知識や生花に近い花材を使用したプリザーブドフラワーといった、新しいアレンジメントの資格となります。

花屋の開業に必要なだけではなく、カルチャースクールの講師にもなれるというメリットがあります。

 

<フラワー装飾技能士>

フラワー装飾技能士は、生花を用いて結婚式の披露宴やパーティー会場の飾りつけを行える資格のことを指します。

フラワー装飾技能士は国家資格の一つであり、花屋を開業し経営していくのであれば、必要となるのではないでしょうか。

 

 

これらの資格は必ずしも必要というわけではありませんが、取得しておいて損はないと思います。

中には簡単に取得できる資格もあるので、是非チャレンジしてみてください。