スポンサードリンク

花屋開業に必要な資金・費用について

花屋を開業するにあたり、必要となる資金や費用はどのくらいなのか気になるという方は多くいらっしゃるはずです。

「今の自分の貯金で花屋を開業できるの?」「場合によっては融資をしなければ駄目なの?」といったように、必要な資金によって今後の方針が変わると言っても過言ではありません。

しかし、「開業資金は○○○万円ほど必要」というように、はっきりと答えることは難しくなっております。

それは、自分がイメージする花屋によって、開業に必要な費用が異なるからです。

他の業種と比べて花屋の開業にかかる資金は低額であることは間違いありませんが、駅前といった一等地に自分の花屋を建設したいと考えているのであれば、それなりの資金が必要となります。

人通りが駅前ほどテナント料が高くなるということは、誰にでも分かることでしょう。

しかし、駅前ではなく、住宅街といった場所に花屋を開くのであれば、当然家賃や敷金など費用は安くなります。

このように、まずは花屋を建設する場所をしっかりと考えなければなりません。

商売を行っていくに当たり、お客さんがいなければ始まらないので、人通りの良い場所に建設することは大事なのですが、飲食店とは違って花屋は必ずしも商店街の一等地になければならないわけではないと思います。

そのため、自宅で花屋を開業して、資金を抑えるという方法も良いのではないでしょうか。

さて、開業するお店にかかる資金の他には、キーパーや電話、パソコンやプリンター、カウンターや作業代といったものが挙げられます。

キーパーとは、花屋にある冷蔵庫タイプのショーケースのことを指し、花を綺麗に見せることが可能です。

花をキーパーに入れずに、自然にさく花を売りたいと思っている方はいらっしゃるかもしれませんが、花を置く場所としてキーパーは必要不可欠ですので、購入しなければなりません。

大きさによって異なるので一概には言えないのですが、150万円ほどかかります。

パソコンやプリンターは、自分で持っている既存のものを使用するのであれば費用を抑えられますが、カウンターや作業代といった備品は必要です。

自宅でお店を経営するのであれば安く抑えられますが、最低でも花屋を開業するために、500万円〜1,000万円ほどの資金が必要であると、頭に入れておいてください。

誰でも簡単に開業できる花屋であったとしても、自分のお店を持つとなるとある程度の費用はかかるのです。