スポンサードリンク

花屋開業に必要な仕入れについて

花屋を開業する上で、花の仕入れは欠かせません。

お店の目玉となる商品ですので、仕入れが一番重要であると言っても過言ではないのです。

仕入れを怠っていてはお店を繁盛させることはできませんし、お客さんを寄せることもできないと思います。

新鮮な花を取り扱っており、毎日丁寧な手入れを行っているお店が人気店となり得るのではないでしょうか。

もちろん、花の仕入れだけではなく、その他のノウハウも必要であることは間違いないのですが、毎日の仕入れを怠ってはいけないということを、しっかりと頭に入れておいてください。

さて、花屋の仕入れには幾つかの方法があるので、ここでは詳しく説明をしていきたいと思います。

 

<セリで花を仕入れよう>

セリの大きなメリットは、他の仕入れ方法よりも安く行えるというところです。

破格の値段で花を仕入れることができるので、花屋を開業するのであればセリは欠かせないと言えるのではないでしょうか。

それに、実際に商品を見て花を購入できるので、自分のお店に合ったイメージの花を選ぶことが可能です。

さらに、他の花屋さんと情報交換ができるというメリットもあります。

開業し立ては分からないことだらけだと思うので、色々なところから情報を手に入れることは大切です。

ただし、場所によっては保証金が必要となるところがあります。

その金額には違いが生じているのですが、150万円ほど必要な市場もあるので、個人の花屋にとっては非常に大きな費用ですので、十分に気をつけなければなりません。

 

<相対取引で花を仕入れよう>

相対取引とは、セリを行う前に市場と買参人の間で交渉して購入することを指します。

一般的にセリよりも値段が高く設定される場合が多いというのがデメリットですが、必ず商品を手に入れられるのです。

それに、相対取引は朝の6時以前に行われるので、花屋の開店に間に合わせることができます。

 

<web取引で花を手に入れよう>

web取引で花を仕入れることも可能となっております。

web取引であれば保証金は必要ありませんし、市場に出向かなくても自宅で花を購入できるのです。

時間の空いた時に気軽にweb取引ができるというところが、大きなメリットであると言えるのではないでしょうか。

花を購入するために手数料は必要となるものの、そこまで大きな額ではないので気にする必要はありません。

ただし、web取引の場合は実際に花を見て決めることができないので、ハズレもあるということをしっかりと頭に入れておいてください。

自分がイメージしていた商品と全く違うということも、決して珍しくはないのです。