スポンサードリンク

保険代理店開業について

損害保険の契約は個人と保険会社間で行われるのですが、契約を締結させる手続きに関しては保険代理店を通して行われることが多くなっております。

簡単に説明すると、契約者と保険会社の間に保険代理店が仲介する感じで、契約者が保険代理店に申込書を提出し、その承諾を得た段階で保険会社との契約が成立したことを意味するのです。

実際に、保険代理店では「保険商品の勧誘」「重要事項の説明」「保険料の領収」「契約の意向確認」といった業務を行っており、新たに開業しようという方も徐々に増えております。

「保険代理店の開業は難しいのではないか?」「専門的な資格を持っていなければ実現できないのではないか?」と考えている方がいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。

法人や個人を問わず、現在では様々な業種の方が保険代理店を開業しており、世間で思われているほど経営が難しくないというメリットもあるのです。

一口に保険代理店と言っても、複数の保険会社を取り扱っている乗合代理店と、1社のみを取り扱っている1社専属代理店の2種類があり、どちらの開業でも可能となっております。

新たに事務所を借りるということでなければ、保険代理店の開業で大きな資金がかかることはなく、特別な資格がないのにも関わらず、サラリーマン時代の年収を超える収入を得られたという方はいらっしゃるのです。

また、保険代理店の起業や独立開業を考えている方に、「オリックス生命保険」といった有名な企業ではそのサポートを行っており、開業の流れについて詳しく知らないという方でも利用できます。

 

@オリックス生命へインターネットで応募して説明会へ参加する

A代理店への委託契約を締結する(保証金などは一切不要)

B登録前の研修や業界共通試験を受ける

C試験に合格された方を対象に募集人に登録し、営業ノウハウを研修で身に付ける

D保険代理店として開業開始

 

以上のような流れで保険代理店の開業が可能で、営業を行っていくに当たって不安なことや分からないことがある場合は、ヘルプデスクにお問い合わせすれば、丁寧にサポートしてくれるはずです。

もちろん、保険のことに関して何も知らないような方が開業するのは少々困難かもしれませんし、「3ヶ月で500万円が稼げる」というようなネットビジネスでもありません。

それでも、飲食店の開業のように高額な初期費用がかかるというリスクは特にありませんし、代理店ビジネスは継続させて手数料の収入を得られるということで、安定した経営が可能となっております。

そのため、保険代理店に興味があるという方は、大手の企業のバックアップを受けながら、開業にチャレンジしてみてください。