スポンサードリンク

保険代理店開業とアリコについて

生命保険会社のアリコの保険代理店となり、開業をしているという方は多く、生命保険だけではなく、医療保険やガン保険といった商品も提供しております。

以前はアリコジャパンという名称でしたが、2011年の4月にメットライフの傘下になったため、メットライフアリコという名前に変更しました。

公式サイトを見てみると、「お客様の満足を創造していただくこと」「皆様に勝ち取っていただくこと」を真のPartnershipであると記載されており、信頼できる保険会社ということには違いありません。

保険代理店を開業するのであれば、信頼できる会社と業務締結をしなければならないため、メットライフアリコを選択するのは良いと説明できます。

実際に、アリコの専属代理店とした開業をスタートさせ、数社乗合をしている方もおり、保険の仕事をこれからも続けていきたいのであれば、代理店になるべきです。

「ELP代理店」や「LP・FSA代理店」、「企業代理店」など様々な募集を手掛けており、メットライフアリコの公式サイトを見てみれば、その詳細が記載されております。

保険代理店に限った話ではありませんが、個人事業主として開業するのならば定年はありませんし、幅を広げてお仕事ができるというメリットがあるのです。

定年後に十分な年金がもらえないというのが現状ですし、老後の生活を安定させるためにも、定年後も少しは働きたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

サラリーマンであれば定年までしか給料をもらうことはできないですし、その年齢から新しく事業を始めるのは不可能に近いのです。

副業で少しずつ収入を得ていたというのであればまだしも、中途半端に会社に勤務するよりも、保険代理店を開業して新たな人生のスタートを切るのは選択肢の一つだと説明できます。

また、生命保険の代理店を募集している企業としては、メットライフアリコ以外にも、アフラックやオリックス生命、ソニー生命保険株式会社などが挙げられ、保険代理店を開業する方はは自分で選択しなければならないのです。

どの企業でもリスクの少ない独立が可能となっており、誰でも一度は聞いたことのあるような企業であれば、信頼できることは間違いありません。

特に、ソニー生命保険株式会社であれば、コンサルティング能力を持った2,100店が全国で活躍しており、保険代理店を開業して経営を行っております。

代理店募集の登録数は変化しているので、一概には説明することができませんが、約400社以上はあるので、これから開業しようと考えている方は自分なりに比較をしてみてください。