スポンサードリンク

保険代理店開業に必要な費用について

保険代理店を開業するに当たって、どの程度の費用が必要となるのか、疑問を抱えているという方は非常に多くいらっしゃいます。

基本的に、保険代理店を開業するには、収益事業や顧客サービスを開始するために、代理店への登録や業務開始のアドバイスを受けるために大手保険会社と締結しなければならないのです。

契約している保険会社の商品だけを取り扱う専属型にしても、複数の保険会社の商品を取り扱う総合型にしても、業務支援を提供するサービスに登録しなければなりません。

その際の費用としては、相談料や初期費用に関しては無料ですし、サービスによって違いが生じているものの、研修プログラムに参加するための費用がかからないというところも存在します。

保険代理店に登録してから営業を始めるまでは、「面接によって代理店業務の全貌の説明を受ける」→「業界で統一された募集資格試験を受ける」→「登録の手続きを行った後に業務をスタート」という流れです。

つまり、業務支援を受ける際に支払わなければならない費用は少ないですし、他のビジネスと比べて少ない資本で始められるのが大きなメリットだと説明できます。

ただし、保険代理店の開業を行うには、まずは会社を建てる立地を決めなければならず、その際の内外装工事や什器、備品といった費用はかかりますし、合計すると400万円程度は超える計算です。

どの場所に開業するのかによって大きな違いが生じているため、一概に説明することはできないのですが、内外装工事には高い費用がかかるということを頭に入れておいた方が良いでしょう。

その他にも、広告宣伝費や採用費、開業前人件費といった費用は支払わなければならず、新しいビジネスをスタートさせるためには、一定の資金が必要となります。

売上計画やシミュレーションの数値は出店状況によって異なるので、あらかじめ締結する業者と相談して、どの程度の費用があれば開業できるのか伺っておくべきです。

以上のような資金が保険代理店の開業では必要ですが、20坪程度の物件で1,000万円以上かかるカフェの開業と比べてみると、少ない資本で済むということはお分かり頂けると思います。

もちろん、資本さえあれば保険代理店を開業できるわけではなく、生命保険募集人といった資格を取得しなければなりませんし、営業ノウハウも同時に学ばなければ成功は難しいです。

現在において、1社の商品だけでは顧客の要望に応えなれない時代になっており、不安を抱える顧客に欠かせない存在なのが保険代理店なので、正しい知識を手に入れて開業してみてください。