スポンサードリンク

保険代理店開業と保証人について

保険代理店の開業を行うに当たって、生命保険会社から家族や第三者の連帯保証人を要求されることがあり、どの保険会社でもこれは同じだと説明できます。

「在庫を仕入れるビジネスではないのになぜ連帯保証人を設定しなければならないのか」と疑問を持つ方はいらっしゃいますが、お客さんに自分の口座に振り込むように要求したり、存在しない事故をでっち上げたりということを避けるためです。

代理業務を行う人間がこのような行為をしないという保証は絶対にないので、生命保険会社はリスクを回避するために連帯保証人の要求を行います。

故意か過失かを問わず、お客さんに間違った説明をしたり、間違った契約を締結させたりすると、保険会社が損失を負うことになるので、担保が必要だと説明できるのではないでしょうか。

とは言え、家族でも連帯保証人に設定できるということは、資産を目当てにしているのではなく、責任を感じてもらうために求めているはずなので、疑われているわけではないのです。

もし、連帯保証人を要求されたのであれば、開業して経営を行っていくためには欠かせない要素の一つなので、適した人物を探さなければなりません。

また、これは自分が開業する立場ではなく、保険代理店を開業する誰かに連帯保証人になって欲しいと頼まれた際の話ですが、仲の良い人物であっても注意が必要となります。

保険代理店の開業に限らず、連帯保証人の問題は各所で取り上げられており、「信頼していたのに逃げられた」「借金を背負うハメになってしまった」というケースは意外と多いのです。

「保険代理店の開業に伴う連帯保証人はどの程度の責任がかかるのか?」という疑問を抱える方はいらっしゃいます。

そもそも、連帯保証人とは債務者と連帯し、その債務を負担することを約束する目的なので、連帯保証人に迷惑がかからないと言い切れないですし、金銭が絡むケースは十分にあるのです。

例えば、契約相手に何かしらの損害を与えてしまったり、債務があったりというケースが考えられ、連帯保証人はその全てを保証しなければならないということで、どんなに信頼していたとしても頼まれたら断った方が良いでしょう。

むしろ、保険代理店の開業に限らず、常識のある人間でしたら、家族以外の友人や上司に連帯保証人になって欲しいと頼むはずがないので、トラブルに巻き込まれるのを防ぐために安易に契約を行わない方が良いのです。

以上のことから、これから保険代理店の開業を考えている方の中で、保険会社から連帯保証人を求められたら家族の誰かを探すようにしてください。