スポンサードリンク

保険代理店開業のリスクについて

保険代理店の開業はリスクがないと言われておりますが、これが事実なのか気になるという方はいらっしゃるはずです。

どのような事業を始めるにおいても、リスクを考えることは大事ですし、今後その事業を長期的に続けていくのであれば尚更必要なことだと説明できます。

確かに、保険代理店の開業は高い資金がかからないというメリットがあるので、他の事業と比べると圧倒的にリスクが低いのは事実です。

店舗を必ず持たなければならないというわけではなく、自宅の一室で保険代理店を始めているという方はいらっしゃいます。

カフェやバーといった飲食店であれば、自宅で開業するのは現実的に考えて不可能ですし、立地の悪い場所であれば集客できないので、駅前など人通りが良いところに建てなければそれなりの収益を得ることはできません。

個人経営のお店がチェーン店に対抗するのであれば、立地条件が良いというのは絶対条件の一つで、駅前にテナントを借りるのであれば保証金や毎月のテナント料を含め、かなりの費用が必要となります。

しかも、居抜き物件を利用するのであれば、お店を始める前に内外装工事を行わなければならず、1,000万円以上の費用がかかるというケースも多いのです。

その点、保険代理店の開業であれば、飲食店ほど立地を気にしなければならないというわけではありませんし、加盟金や保証金、高額な研修費用もかからないので、リスクは限りなく低いと言えます。

商品知識や法令などはそこまで難しいというわけではなく、資格を取得する際に事前に勉強するはずですし、パソコンや机、電話やファックスといった既に家の中にあるもので始められるのも、リスクが低いと言われている所以なのではないでしょうか。

また、保険代理店が無理矢理顧客に商品を売らなければならないというわけではなく、「生命保険の代理店を経営している」ということを伝え、頻繁にコンタクトを取り続けるのが主な業務となっております。

潜在顧客を増やすように心掛けていれば、少しずつ契約件数は上がっていくはずですし、1ヶ月で10万円〜30万円程度の収入を得られれば、急にゼロになることはないので開業リスクは高くないというわけです。

もちろん、保険代理店を開業して直ぐに顧客を得られるわけではなく、契約を取れるように努力をしなければ収入を増やすことは絶対にできません。

いくら開業のリスクが低かったとしても、収益が得られなければ意味がないということをしっかりと把握し、顧客とアポイントを取り続けるようにしてください。