スポンサードリンク

保険代理店開業で失敗したらどうするの?

これから新しくビジネスをスタートさせようと考えている方は、「失敗したらどうしよう」「稼げなかったらどうしよう」という不安を抱えているはずです。

サラリーマンを辞めて独立するのであれば、会社から一定の収入を得ることはできなくなりますし、自分で稼いだ額で今後の生活を養ったり、老後の貯金をしていかなければなりません。

そのため、失敗した時のリスクを考えるのは当たり前ですし、慎重に開業の準備をしていかなければならないと説明できます。

とは言え、保険代理店を開業するに当たって必要な生命保険募集人という資格は、スクールで何年も勉強しなければならないわけではありませんし、保険会社で実施されている研修期間もそこまで長くないのです。

更に、通常のお店を開業するのとは異なり、保険代理店は資金を多く作る必要はなく、万が一事業に失敗したとしても、莫大な借金を背負わずに済みます。

しかも、経営を成功させれば多額の利益を得られるということで、保険代理店の開業は一昔前から事業主の間で流行ったのではないでしょうか。

確かに、独立に失敗はつきものですし、誰もがチャレンジして成功を掴めるわけではないので、そのリスクを抑える事業を選ぶのは選択肢の一つだと言えます。

中でも、開業するに当たってお金にまつわる失敗は大きく、精神的にも社会的にもダメージが大きく、今後の経営どころか人生さえやり直しできなくなるケースもあるのです。

大した経営スキルや営業ノウハウを持っていないのにも関わらず、「自分のお店を持ちたい」という理由だけで飲食店を開業し、失敗して多額の借金を背負うハメになったという方はいらっしゃいます。

「運転資金がショートしてしまった」「内外装工事に大きな費用がかかった」「一円起業のはずが手続きで数十万円もかかった」「過剰に在庫を仕入れたら予算をオーバーした」というお金に関する失敗が、新しく始める事業にはつきものなのです。

しかし、始める際に莫大な費用がかからない保険代理店であれば、これらの失敗で悩むリスクは少なくなりますし、「結局自分に残ったのは借金」という結末は防げるかもしれません。

リスクが少ないからこそ、保険代理店を開業する方は増えており、ライバルが多くなればそれだけ収益を得にくくなるものの、失敗した時のことを考えて新しい事業に取り組むことは大事なのです。

もちろん、成功した状態をイメージして経営に望んでいくことは、個人事業主の方には欠かせない要素なので、負のイメージばかりを描かないようにしてください。