スポンサードリンク

飲食店開業とフランチャイズについて

飲食店を開業しようと考えている方は、フランチャイズを利用するという選択肢があります。

フランチャイズとは、全国各地に同一マークやイメージ、そして同じチェーン形式で営業を進めるお店のことを指し、「松屋」や「吉野家」、各種ファミリーレストランなど、私たちが街中で目にするお店のほとんどが、実はフランチャイズなのです。

フランチャイズで飲食店を開業する大きなメリットとして、開業当初からお客さんに知れ渡っているということが挙げられ、このお店がどのような食事を提供しているのか多くの方が認識しております。

個人経営の飲食店を経営するとなると、初めての方は中々入りづらいですし、どのような食べ物を食べられるか見当もつきません。

そのため、どんなに安くて美味しい料理を提供している飲食店だったとしても、利益を上げて軌道に乗るまでには長い時間が掛かってしまうというわけです。

その点、フランチャイズで開業を行えば、最初からある程度の利益を見込むことができますし、経理や税金に関しての指導を本部から受けることも可能で、独立して開業するまでのノウハウも得られるという利点もあります。

スムーズにスタートを切り、飲食店を開業していきたいというのであれば、どのようなタイプのお店を作るのか考え、立地などを全て自分で決めるのではなく、フランチャイズを利用した方が良いというわけです。

とは言え、ネームバリューや本部から指導を受けられるといっても、フランチャイズも個人経営のお店であることには変わりなく、適当な気持ちで始めていては失敗する確率は高まってしまうため、「これから一生頑張っていく」という強い気持ちを胸に開業した方が良いでしょう。

このようなメリットがあるフランチャイズビジネスですが、チェーンの統一性が第一に優先されるため、個人のアイデアを自由に生かすことができないというデメリットがあります。

フランチャイズで飲食店を開業するに当たり、「○○○といった飲み物を取り入れたい」「新たなメニューとして○○○を取り入れたい」と勝手に決めることはできず、本部の経営方針に従わなければならないのです。

それに、加盟するフランチャイズによって異なるものの、契約を行うためには高い加盟金を支払わなければなりませんし、毎月の売上金を本部に提供するロイヤリティーの支払いも必要となります。

手軽に始められるフランチャイズビジネスですが、個人で開業するのと同じくらいの初期費用が掛かるということを頭に入れておいてください。