スポンサードリンク

飲食店を開業する際に保健所へ提出する書類

飲食店開業 TOPで説明致しましたが、飲食店を開業するには、保健所が発行している営業許可書を提出しなければなりません。

営業許可書を申請するには、店舗を出す地域の保健所に行き、申請のための書類をもらいます。

ここでは、営業許可書の書き方について説明していきます。

 

@まず、誰がどのような場所で営業するのかといった基本的なことを記入します。

A店舗の配置図(冷蔵機器やトイレの場所)や店舗周辺の地図を記入します。

B食品衛生責任者の名前を記入します。営業許可書を提出する際に、資格を証明するものが必要になる場合があります。

C営業許可書を申請するためには、1万5000円から20000円ほどのお金が必要となります。

D申請者が法人である場合には、登記事項証明書が必要となります。

 

営業許可書の申請には、このような書類を作成しなければなりません。

自分で作成し、申請することができますが、行政書士のサポートを受けられます。

国家資格者である行政書士の方によって、書類を作成してもらうことができるのです。

ほとんどの方が、開業前は忙しいでしょう。自店舗のことで頭が一杯になっていると思われますので、時間がないという方は、行政書士の力を借りましょう。

店舗工事が終了した時の保健所の検査

自分が開業する店舗の工事終了日を確認できたら、保健所の担当に連絡しましょう。

そして、担当の方と検査日を決定し、工事終了と共に、保健所の職員が店舗の検査を始めていきます。

この検査が終了すると、営業許可書が受理される仕組みとなっています。

飲食店を開業した後の保健所による調査

飲食店を開業した後も、保健所による調査が行われる場合があります。

これは、抜き打ちで行われるもので、保健所の食品衛生監視員によって実施されています。

この時に食品衛生法に違反すると、違反に対する指導・営業停止・営業取り消しといった処分を受ける可能性があるので注意しましょう。

もしも営業許可を取り消されてしまうと、その日から2年間は食品関係の営業をすることができないので気を付けてください。